2021年1月27日 (水)

ついてしまった癖を抜くまで

学年があがってから来てくれた子や、まだ小さくてもよその教室や塾などに通った経験がある子などの中には、自分でしっかり考えて納得して答えを出すのではなく、さらっと上辺だけで考えて、答えを書いてはこちらの反応を見てくるという子がいます。
それが癖になってしまっている子の場合、自分で納得いくまで考えて答えを詰めるという経験をほとんどしていない可能性があり、その癖を抜くには、とにかくこちらの反応を見ても無駄だと分からせると共に、自分でがんばって考えた結果、自信をもって答えを出せたという快感を得てもらわねばなりません。

今月から一緒にレッスンをしている高学年さんは、もうどっぷりと「なんとなくこんな感じなんじゃないかな~」と解いて、こちらの反応を見てくる癖がついていて、多分考えられないのではないのに、めんどくさいのか、速く解かねばと思っているのか、尋ねたら、まだ考えてないよね?ぐらいのタイミングですぐに反応が返ってきます。そして、問題文も適当に読んではミスを多発。
ただ、幸いにもこの子は、本人がもっと力を付けたいと思っているようなので、意地悪をしても、突き放しても、今のところ何とか考えようとしてくれるので、うまくいけば1~2ヶ月で変わってくるかもしれないなと思います。(普通は学年が上がっているほど、癖が抜けるのに時間がかかります。)

小さい頃から自分でしっかり考えて納得することが習慣になっていれば、それをしないと気持ち悪さを感じたり、落ち着かなかったりするようになるので(もちろん、算数がキライであれば、とりあえず適当にやり過ごしたいと思う子もいますが。)、まずは小さい頃にそれを習慣づけてあげることが子どもにとってとても大切なことだと思います。理解していれば先に進んでも構いませんが、やり方だけを教えて先に先に進むのは、長い目で見るとほとんど役に立たなかったり、時にはかえって足を引っ張ったりすることもあるので、お気を付けください。

| | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

寂しいけれど

ある年長さんとのレッスンが今日で最後でした。ご家庭の事情で(もちろん、私の力不足が原因でお辞めになる方もおられますが、今回はそうではなかったようで、それはせめてもの救いですが)割と急なお別れになりました。
まだ年長さんの上、その子はまだまだ幼さの残る子なので、今日で最後といってもぴんとこないかもしれないし、わざわざ最後だからといわないほうがいいかもと、こちらからは何も言わずにレッスンを始めたのですが、レッスンの途中でその子から「今日でおしまいなんやんね?」と聞かれたので、「うん、そうね。」とだけ答えました。
それに対してその子はそれ以上何も言わなかったので、嬉しいのか、残念なのか、少しぐらいは寂しいと思ってくれているのか、何もわかりませんでした。ただ、心なしか、普段はふざけたりすることもあるのに、今日は時間中ほぼずっと一所懸命取り組んでくれていたようにも感じました。

元々は既に数に対して拒否反応が出た状態で来てくれたその子が、ちょっと楽しそうに数を答えてくれる姿が見られるようになったのは、とても嬉しいことでした。これからも着実に伸びていってくれることを願っています。

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

テレビを見ながら

インターネットのニュースで目にしたのですが、先日からテレビ東京ではニュース番組のキャスターたちもマスク着用で番組を進行するようになったとか。
そもそも、個人的には、むしろなぜテレビ番組に出ている方達はマスクを付けないのかが不思議でした。これだけみんなにマスク着用を呼び掛けていて、おまけに、フェイスシールドやマウスシールドは飛沫防止にはほとんど役に立たないということもわかっていながら、どうして?と。
更には、首長などが会見する際、わざわざしゃべり始める前にマスクを外すということもしばしば目にしますが、あれも本当に疑問です。
マスク生活は不自由ですが、子ども達にまで着用させているのであれば、テレビに映る大人は率先して着用すべきなのではと思えてなりません。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

今月も早23日

年が明け、月半ばに緊急事態宣言も出ましたが、今月ももうあと1週間ほどになりました。
年末年始、幼馴染たちとの毎年恒例の忘年会もなく、年明けも家族で過ごした以外、新年会その他一切なかったので、お正月気分というのがあまりありませんでしたが、それでもあっという間に1月も終わりそうですね。
さすが、1月は行く、2月は逃げる、3月は去るというだけある…。

今日はイレギュラーもあって、レッスンが5つ。最後まで持つか少し心配でしたが、今日は不調の子があまりいなかったせいか、特に問題なく最後まで頭も働きました。

そして、今日はまたひとつ、発達のスピードがゆっくりな低学年さんが嬉しい瞬間を見せてくれました。まだ指で数える癖は抜けませんが、つい数ヶ月前までは4や5すらはっきり分かっていなかったので、数えるのをダメというとせっかく色々なことができるようになってきている上に、学校の授業は先に先に進んでしまうので、たとえ数えても数を理解して進んでくれるのならいいと思い、数えなくてわかることはなるべく数えないようにしていこうねと話すに留めています。
そのため、たとえば横幅が10でいっぱいになる台に7の積み木を置いたときにも、これまでは空いているところを見て7と判断はしてくれず、1,2,3…と数える状態でした。それでも、8や9のときは、私が何も言わなくても、空いているところを見て判断しているようだったので、今日は7を数えようとしたときに、空いているところを指さしてみたところ、「(空いているところが)3個だから7!」とニコニコ大きな声で答えてくれました。
小さな1歩かもしれませんが、毎回着実に何か前に進んでいることを感じさせてもらえるのは本当に嬉しいことです。

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

明らかな違い

子ども達とレッスンをしていると時々、普段よくできる子の反応が妙に鈍く、あれ?眠いのかな?何かあったのかな?と感じるときがあります。
中には実際眠かったり、疲れていたりする場合もあるのですが、その思い込みでうっかり気づきそびれるパターンが、普段のその子を見ていると、このぐらいは十分できるはずと思っているものが、実はその子は好きではなかったり、気がすすまなかったり、私の読みが外れていてどうやら難しすぎたりという場合です。

普段よくできる子だとつい、全般にできる、全般に好きと思ってしまいがちなのですが、単元によっては苦手だったり、好きではなかったりするものもあるでしょうし、普段、あっという間になんでも理解してしまうから大丈夫だろうと思っていたレベルが、その子には高いと感じられてしまうこともあるようです。

それに気づくのは、眠いのかなぁ?と思って全く別の課題に切り替えた途端、表情が生き生きし始めるようなときです。
今日のレッスンでも、どうも反応が鈍いなぁ、どうしてかなぁ?と気になっていた子が、簡単ではないものの計算の問題に切り替わった途端に、かなりのペースで次々に解き始めました。ただの計算問題でも、筆算で機械的に計算しているとかではないので、数のイメージができていたり、考え方が分かっていたりするのは恐らく間違いないのですが、そうか、さっきまでの問題は気が乗らなかったか、難しかったんだなと気づかされました。
数は好きだけど形は…とか、その逆のパターンとかは比較的よくあるかもしれません。自分の思い込みで状態を見誤らないよう、気を付けなくてはと思います。

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

ちょっと残念。

小さい頃から通ってくれている3年生さんは、中学受験をするので、ある時期以降受験塾と並行して通ってくれているのですが、受験塾の上位クラスにいると、教室でのレッスンは十二分に学年より先に進んでいるのに、部分的に先に塾で習ってしまっていることがあります。
その子は今は色々な図形の面積の学習をしているのですが、教室では、最初の導入で、方眼紙に色々な図形を描いて、どうすれば面積が求められるかを考えてもらうところから始めます。ですから、意味も分からない段階で公式を教えるということはありませんし、中には学校で習うまで公式は覚えてはいないけど面積は出せるという子も出てきます。
で、今日のレッスン。台形の面積の求め方について、図を見ながら説明する問題があったのですが、いきなり教えていない公式を書きました。そこで、どうしてそれで面積が出るのか尋ねたところ、きちんと答えることができませんでした。
説明のための段階を経て、図も描いてあるというのに、公式を覚えてしまったその子には「見えて」いないようでした。

もちろん、公式を覚えてはいけないとは言いません。ですが、少なくとも具象の世界の学びである算数の段階で、意味も理解せずに公式だけを覚えて答えを出すことにあまり意味があるとは思えません。もちろん、受験が迫ってきているとか、何らかの事情でとにかく覚えて乗り切るという必要がある場合も考えられますが、その子に関してはまだ全くそんな段階ではありませんし、能力だって十分高いものを持っているので、本当に勿体ないと思います。

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

久しぶりの。

先週からレッスンがスタートした高学年さん。これまでよその教室や塾にも通っていて、学校も私立。おうちの方が言わなくても、自ら勉強をするような真面目なお子さんとのことで、体験レッスンをしたときにも、習ったことはきちんと覚えて再現しようとする真面目な感じは伝わってきました。

ただ、そういう真面目な子ほど陥ってしまいがちな落とし穴にはまっている感じで、問題を、多分こんな感じだったなと解き始め、解き終わったら、私がマルをするかどうかを伺う状態になっていました。
学年が上がっていればいるほど、そして、皮肉にもコツコツ真面目にやる子ほど、そういう状態になってしまいがちなので、いかにそこから抜け出してもらうか、それが早ければ早いほど、伸びる幅も大きくなると思うので、「意地悪な私」にならなくてはと思います。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

改めて思う

相変わらず、数Ⅰ、数Aは考えれば解ける単元もあれば、ある程度覚えることを覚えていなければ解けない単元もあって、高校数学では中学までと比べ物にならないぐらい、色々なものを色々なアルファベットを使って表すようになるので、公式ひとつ覚えるにも、どのアルファベットは何を意味しているかなども覚えねばなりませんので、記憶力の衰え著しい私には、覚えることが多い単元はとにかく大変です。

ただ、覚えればできる単元は、記憶力がまだ衰えていない若い子達にとっては、苦手でもある程度なんとかなる単元とも言えるのかもしれません。
そして、それが昔の自分だったのかもなと改めて思います。

例えば、10年ほど前から、数Ⅰにデータの整理の単元が入ってきたようなのですが、ここはとにかく覚える言葉が多く、アルファベットも色々出てきます。覚えることが多くなると拒否反応が出るので、意味をじっくり考えるのが難しくなり、公式に当てはめて解いてしまいたくなります。

「公式に当てはめて」解けるのであれば、それでもいいのでは?と思われる方もおられるでしょうし、実際、解けないよりは解けた方がいいのは恐らく確かでしょう。ですが、意味を理解せぬままに覚えた公式に当てはめて解くと、一体自分は何をしたのかわかっていない状態ですから、出た答えが正しいのかどうかも、判断できない可能性もあります。
その状態で答えが出ても、結局自分は「何も理解していない」ということだと、今なら分かります。でも、高校時代の自分はそんなことにすら気づいていなかったように思うのです。

小学生の頃から、先生に習ったことを覚えて当てはめて解くというのが「当たり前」になっていたので、算数、数学の勉強というのはそういうものだと思っていたというか、何も疑問を持つ機会がなかったというか、その結果、その勉強の仕方では限界が来て、理系に進むのは断念したのです。
あの頃に、きちんと意味を理解して解くということを知っていたら、そういう学びがあるのだと気づいていたら、もっと違った世界が広がっていたかもしれません。
まあ、今は自分がしたいことを仕事にさせてもらっていますので、後悔しているわけではないのですが。

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

不思議なニュースでした…。

共通テストの際、カンニングその他の不正行為などで全国で4人の受験生が失格になったというニュースで、そのうちひとりがマスクを鼻を出した状態で着用し、それを6回にわたって注意されても直さず、最後には、直さなければ不正行為で失格になるとまで告げられたにもかかわらず、聞き入れなかったと聞き、頭には大量の疑問符が…。

病気など何か正当な理由があってマスクが着けられない人は事前に申告すれば対応してもらえたそうですし、受験料を払った上で、鼻だしマスクのために受験を棒に振るというのはどういうことなんだろう?ととにかく不思議でなりません。

ただ、それとは別に、そもそもは鼻を出してマスクをしているという状態は、他人への感染リスクが上がるというよりは、本人の感染リスクが上がる方が大きそうですから、厳密に言えばそこまで目くじらを立てなくてもと思う方もおられるだろうと思ったのですが、試験という場で、頭をフルに働かせねばならないとなると、鼻を隠してマスクをしている状態と鼻を出している状態では、取り入れられる酸素の量にはきっと明らかに差ができるだろうと。
教室の子たちを見ていても、マスク生活になってから、頭の働きが鈍っている子が増えているように感じますし、実際、マスクをしていると軽い酸欠状態が続いているというような話も聞きますから、鼻呼吸するその鼻がマスクでふさがれているか否かの差は、大学入試という場ではやはり、みんな同じ条件でとこだわる理由には十分なりそうだなと。

本当は教室の子達にもレッスン中はマスクを外させてあげたいのですが、私が万が一無症状で感染していた場合、マスクをしておいてもらう方が感染リスクを少しでも下げられると思うと、なかなか私の一存で外していいよと言ってあげることもできず、もどかしい限りです…。
早く、元気な人はマスクをせずに暮らせる日常が戻ってほしいですね。

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

1.17

あの日から26年が経過したんですね。
時の経つのは本当に早いものです。
教室を始めてからは18年目になるのだと思いますが、やはり子ども達と学ぶ仕事をしようと決めるきっかけになったのが震災だったので、こういう仕事をするようになって25年以上経ったということなのだなと、ちょっと感慨深かったりもします。

本日はこれにて。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧