« オフ | トップページ | 大反省…。 »

2024年4月23日 (火)

「できる」と「わかる」

自分の理解の限界が来るまでということで了解を頂いて、中2の途中からレッスンをさせてもらうようになった現在高2の子と、まだレッスンをしているのですが、さすがに数Aの終盤や数Ⅱになると、ほとんど忘れていて、考えれば解けるものもありますが、それだけでは無理なものも出てきます。

そのため、復習というかレッスン前の予習というかをすることになるのですが、例題や解説、解答などを見れば、ある程度解くことはできるとして、子どもに解き方を教えるだけなら、解法を覚えて解く手順を説明できればいいわけです。
ただ、その段階で止まっている場合、どうしてそれで解けるのかは分かっていませんし、解説に書かれているものを眺めながら、この式は何を表しているんだろうとか、この解き方以外に方法はないんだろうかとか、そういうところまで突き詰めていないと、本当のところは「わかっていない」わけです。
その状態で答えが出せたとしても、モヤモヤ気持ちの悪さが残ります。

ですが、高校時代の自分の勉強は完全に、解き方を覚えて答えを出すという作業をしていただけで、それ以上深く考える時間の余裕もなく、ただ覚えただけのものはその後きれいさっぱり忘れてしまいました。

でも、子ども達に考えて自分で理解することが大事だと言い続け、私自身もそれを意識して学ぶようになって以降、数Ⅰ、数Aのある程度の範囲は公式など全く忘れていても解くことができるようになりました。
つまり、小さい頃からきちんと基本を理解し、それを積み上げていれば、問題のレベルが上がっていっても、覚えることはさほど増えないのではないかと思います。

子ども達に先取りなどで勉強させる際、解き方を教える、解き方を覚えさせるというところで止まっていたら、答えは出せる(できる)ものの、わかってはいない状態になりがちです。そして、それは先々の力にはなりづらいということを知っておいていただきたいと思います。

|

« オフ | トップページ | 大反省…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オフ | トップページ | 大反省…。 »