« 今週は大丈夫でした | トップページ | 見せること »

2024年4月26日 (金)

子どもを機械にしないでほしい

幼いうちから先取り学習をしてきた子の中に、少なからず「教わったことを思い出して素早く処理する」ことが算数の勉強になってしまっている子がいます。
もちろん、そうなってしまうのは、教室なり塾なりが、そういうことをさせているからというところが大きいのだとは思いますが、そういう勉強を早くからがんばってきた子の中には、数量感覚やイメージが全く伴っておらず、その答えが正しいのかどうなのか、マルを付けてもらえるかどうかでしか判断できない状態の子がいるのです。

その状態の子にとって、算数の勉強自体が楽しいと感じられることはまずないので、できたら褒めてもらえるとか、誰かより先に進んでいるとか、頑張ったらご褒美がもらえるとか、何か外に喜びを見つけてモチベーションにするしかなくなっていくだろうと思います。

勉強なんてそんなもんじゃないの?と思われる方もおられるかと思いますし、誰しも好き嫌いはありますから、算数が元々嫌いな子が算数を楽しいと感じることは難しいこともあるかもしれませんが、それでも、教室で子ども達を見ている限り、自分で考えられる問題と向き合っている場合、それを強く嫌がる子は見たことがありません。(好きではないので気乗りがしないという反応をする子はいましたが、考えること自体が苦痛だというようなことはありませんでした。)

どれだけ計算が速くできたとしても、たとえば、筆算などの書く位置を間違えて、桁違いの答えが出たときに、そんなに大きな(小さな)数になるはずはないとかいうことに気づけない、指摘されてもぴんと来ない、そんな状態であれば、問題の難易度が上がるにつれ、手も足も出なくなっていきます。
そもそも、早くから先取りをさせておられるご家庭では、中学受験を考えておられるとか、その先の高校、大学をにらんでおられるとかいう場合がほとんどなのではと思います。そうであれば尚更、小さいうちに機械が処理するような勉強をさせるのは、場合によってはかえって足を引っ張ることになるかもしれません。

小さいうちは自分が何をしているのか、この問題はどういうことを問うているのか、そういうことを子ども自身がじっくり考える学びを大事にしてあげてほしいと思います。

|

« 今週は大丈夫でした | トップページ | 見せること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週は大丈夫でした | トップページ | 見せること »