« ペーパーテストで測れるもの | トップページ | 意地悪かもしれないけど »

2021年8月 4日 (水)

これまでと違う気がする

前回あたりから、ある高学年さんの反応がこれまでと変わってきたような気がしています。
その子は小さい頃から来てくれているものの、元々1年生の初めの段階で学習に躓き、おうちで指導されたものの、十分に対応できないということでご縁を頂き、本人もコツコツ真面目に取り組んでくれていたものの、平均的な子と比べるとがんばりがなかなか実を結ばない感じで、実は今でも時々国語で平仮名を書き間違えたりもしています。

人の得意不得意、好き嫌いは本当にそれぞれなので、その子は学習に関しては苦労が多いようではあるものの、音感があったり、困っている人に進んで手を差し伸べられたり、いいところも色々あって、学習に関しては、その子が学校が嫌にならない程度にできれば、それでもいいのかもと、おうちの方もそんな風に考えておられるようでしたし、もどかしさを感じつつも、私ができることを一所懸命やっていくしかないなと思っていました。

しかし、うまく説明ができないのですが、前回あたりから、なんというか、お姉さんになった感じがあって、宿題などの間違いも減り、これまでのその子なら苦戦しそうな問題を結構正解していたり、レッスンでの反応も安定感が感じられるときがあるのです。

もし、成長のペースがゆっくりなのに、小さい頃からコツコツがんばっていたのでそれが目立たず、ここに来て成長が伴なってきたとかいうことがあるなら、それはとても嬉しいことだけどなと思いながら見ています。
まだ二、三度のことなので、これが続くことを祈りつつ、見守っていきたいと思います。

|

« ペーパーテストで測れるもの | トップページ | 意地悪かもしれないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペーパーテストで測れるもの | トップページ | 意地悪かもしれないけど »