« どんな気持ちなんだろう | トップページ | 気づかなかった »

2020年7月10日 (金)

変化の瞬間

子ども達とレッスンをしていて、子どもが問題を解いている姿を見ているとき、時々、ああ、今消化できたんだな、ちゃんとわかったんだなと感じる瞬間を目にすることがあります。

例えば、初めて繰り上がりの足し算を学習して、初めは教具などを使って練習をした後、計算の式だけが書かれたプリントに取り組み始めた子が、初めは上の位を書いた後、繰り上がることに気づき消しゴムで消して書き直したり、繰り上げるのを忘れて答えを書いたりしていたはずなのに、プリントの途中から、さっきまで悩んだり、モヤモヤしていそうだった表情がふっと穏やかに変わり、それと共に消しゴムを使うことなく、安定したペースで次々に正解していくというような状態です。

その姿を見ると私も安心するのですが、気を付けなくてはいけないのは、悪戦苦闘して、辛そうだからと問題数を減らし、なんとかできているからと、まだ消化できていない状態で良しとしてしまうことです。
辛そうだから、2、3問できたらいいことにした場合、その子はその問題に関してモヤモヤした「嫌な感情」を持ったまま終えることになるので、物覚えのいい子などは、次にそんな問題が出てきたときに身構えたり、嫌そうにしたりすることがあるのです。
辛そうであれば、まだその子のレベルに合っていないのかもしれませんし、その日のコンディションによるものかもしれませんので、様子を見て保留にしたとしても、どこかの段階で本人がスッキリするまで取り組む方が、苦手意識を抱かずに済みます。(もちろん、時間の経過と共になんとなく自然にできるようになる場合もあります。)

その子にとって簡単な問題ばかりさせても意味がありませんので、「少し難しい」ぐらいの問題に取り組んでもらうことを目指しているのですが、一人ひとりの子にとってちょうどよい「少し」はなかなか判断が難しいので、未だに私も試行錯誤ですが。

|

« どんな気持ちなんだろう | トップページ | 気づかなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どんな気持ちなんだろう | トップページ | 気づかなかった »