« なんて純粋! | トップページ | 新たな気付き »

2020年2月 6日 (木)

今日も嬉しい瞬間が

年長の頃から来てくれていて、どうも算数はあまり好きではないのかなという印象を持っていた1年生さん。
点つなぎもキライでいつも苦労していました。
まだ小さいうちは無理にさせてもよくないと思い、点つなぎは簡単なものを少しずつやってもらってきたので、ここに来てくれている多くの1年生さんよりスローペースで進んできました。

数に関しても教具を使っているものの、なかなかすんなりとはいかず、今でも10までの引き算でもちょっと考える時間が必要な印象なので、100までの足す引くはどうなるか少し心配していました。
ただ、最近は点つなぎも随分成長が見られ、100までの足し算は予想より遥かによくできました。少しずつではあるものの、変化は見え始めている印象で、嬉しく思っていましたが、引き算はやはり好きではないようで、明らかに嫌そうな反応が。(苦笑)

できるだけ1つ1つ数えずにがんばってみてと励ますものの、そこを越えるのはまだ難しそうでした。
それでも少しずつ進んで、今回はいよいよ2桁-2桁の繰り下がりという、100までの範囲では一番難しいところをすることになりました。(暗算です。)

教具を使いながら取り組んでもらい、絵が描かれたプリントでも考えてもらったものの、絵が描かれたプリントはまた1つずつ数えています。
そして、どうやら教具を使っていたときに、何をしていたかぴんと来ていなかったようで、絵が描かれたプリントでも、初めはどこまで取るのかよくわかっていない様子でした。

そこで、再び教具を見せながら、「このときはここまで取るの?ここまで?ここまで?」と取るところを変えながら見せたところ、問いかけには答えなかったものの突然何かが繋がったらしく、絵の描かれたプリントではどこまで取って後いくつ取るかは完璧になりました。
そして、式だけのプリントも1問目はできたものの2問目でおかしくなったのですが、それも声掛けをしながら2問ほど一緒に考えてもらったところ、顔つきがきりっとして助けが要らなくなりました。

まだ引き算自体はやや苦手なようなので、10から3取るとわかっているのに6と答えてしまうような間違いはいくつかしたものの、どう考えればよいのかは自分の中で昇華できたような印象でした。

その証拠か、終わった後、ぐったりしたり機嫌が悪くなったりすることなく、ニコニコ元気いっぱいな姿を見せてくれました。
今日もまた嬉しい瞬間を見ることができました。

|

« なんて純粋! | トップページ | 新たな気付き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんて純粋! | トップページ | 新たな気付き »