« ぐっと詰める | トップページ | オフ »

2019年12月15日 (日)

すごい才能

教室をしていると時々、抜群に算数の能力に恵まれている子に出会います。そういう子たちはみんな、勉強をしているという感じではなく、ただ算数が楽しいから、好きだからという気持ちでどんどん学び、吸収していくようでした。

今日は、スポットでレッスンさせてもらうことになりそうな3年生さんの体験レッスンがあったのですが、その子がまたすごい才能の持ち主でした。楽しいから、事典などを読んだりして、既に4年生、5年生、中にはそれ以上のことも知っているようでしたが、知らないことに対しての頭の柔らかさや、当たり前に手が動くところなど、ああ、すごいなぁとしきりに感心しました。

中でもすごかったのが、多角形の対角線について考えてもらっていたときに、決まりを見つけたあと、なぜn角形のnから3を引いた数にnを掛けて2で割るのかの(説明の際、nは使っていませんが)3を引く理由を、即座に両腕を使って、「隣と自分には引かないから!」と答えたことでした。ほんのさっき初めて多角形の対角線がそれぞれ何本になるかを考えたばかりの子があっという間に理由に気づき、説明まで完璧にしてしまうことには軽く衝撃を受けました。

その子とレッスンできるのは数回だけですが、きっとまだまだ驚かされるんだろうなと、今から楽しみです。

|

« ぐっと詰める | トップページ | オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぐっと詰める | トップページ | オフ »