« 「なんでわかるん?」 | トップページ | 「エア」教具 »

2019年10月17日 (木)

興味津々

今日はキロメートルの学習をする子がいました。
ミリメートル、センチメートル、メートルは実際に定規や巻き尺を使って目で見て確かめてもらうことができますが、キロメートルになるとそれを実感してもらうことが難しく、更には今日それを学習する子はまだ1年生なので、知識や経験もまだ限られていますので、尚更印象に残すのが難しいところでもあるなと思っていました。

小学生で1kmは100mか1000mか迷う子が少なからずいるのは、単に暗記させているというだけでなく、実感しづらいということも関係しているのだろうとは思います。

どうすれば実感してもらえるだろうと長年考えてはいるのですが、仮にタコ糸などを使って実際に1000m測ってみてもらうとなると、糸も大量にいる上に、測っているうちにレッスンが終わってしまうかもしれません。更に言えば、糸なので、測り終わった後絡まって使えなくなるかもしれません。
しかし、糸ではなく、ひもやリボンなどにすると更に嵩張るでしょうし、実際に測って感じてもらうというのは難しい。(やればものすご~く印象には残りそうですが…。)

そこで、どれだけピンとくるかわからないものの、教室から徒歩圏に住んでいる子だったので、教室周辺の地図をプリントアウトし、教室からその子のおうちまでの直線距離を測り、1kmがどのぐらいの長さなのか教室と自分のおうちとの関係で話をしました。

元々算数のセンスがかなりある子なので、言っている意味は通じたようでしたが、それ以上にその子が目を輝かせたのは地図そのもの。
日本地図や世界地図は教室にもはってありますし、これまで目にする機会はあっただろうと思いますが、自分のおうちの近くの地図というのがきっと新鮮だったのでしょう。すごく楽しそうに地図を眺め、1km真っ直ぐ南下したらどのあたりまで行けそうかなどコンパスや定規を使って調べようとしていました。

その地図はその子のおうちの近くということでプリントアウトしたものだったので、そのまま持って帰っていいよというと喜んでくれました。
もちろん、どの子も地図に興味を示すとは限りませんし、小さいうちは意味がぴんとこない子もいるだろうと思いますが、今日のその子には1kmの長さをある程度イメージしてもらうことができたかなと思います。

|

« 「なんでわかるん?」 | トップページ | 「エア」教具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「なんでわかるん?」 | トップページ | 「エア」教具 »