« ミラーニューロン | トップページ | 反省 »

2019年9月17日 (火)

消化された

先日から長さの学習をしている1年生さん。まだ1年生の段階でmm、cm、mが出てくるので、mmとcmだけの段階ではある程度できていたものの、mが出てきた途端、大混乱に陥りました。
ただ、本人は何か一所懸命考えているのは伝わってきて、実際に定規や巻き尺などで確かめてもらったりもしていたのですが、どうしても理解できないようで、どうしてその答えが出たのか推測不能な答えが続くこともありました。

おうちでも色々取り組んでくださったようなので、今日はどうかなと、とりあえず足し算の問題を考えてもらうことにしたところ、2問連続すんなり正解していたので、お?これはもう大丈夫になった?と思いつつも、間違うことをとても恐れる性格らしく、答えを隠しながら書いたりする子なので、もうしばらく黙っていることにしました。

すると、解いてもらった6問中4問は一発正解だったものの、mとcmが混在していて、cmを合わせると1mより長くなる類の問題のmの欄に本来なら10mとか12mとかの長さになるはずが、4桁の答えが書かれていました。

ただ、今回の間違いは1mが100cmだとわかっていて、100cmを100mで計算してしまったような答えだったので、これまでより正解に近づいた考え方をしているようなのは感じられました。

そこで、これまでにも尋ねたことはあったものの、これまでは求めている反応は返ってこなかった、123cmは1m23cmというような書き換えができるかどうか尋ねてみたところ、少し考えて正しく書き換えられ、mを合わせたらどうなるか、cmを合わせたらどうなるか再度確認したところ、正しい答えに直りました。すると、もう1問あり得ない答えになっていたところも自ら正しく直し、引き続き、今度は引き算をしてもらったところ、全く手助けせずに一度でほぼ全問正解しました。

引き算を考えているときは、これまでとは別人のように落ち着いた顔で、嫌がることも泣きそうになることもなく、じっくり考え、次々に正解していく姿に驚いたほどでした。

どうやらこの子なりに何か消化できたということなのだろうなとひと安心しつつ、すとんと腑に落ちると突然変わるものだなと改めて感じました。だからこそ、モヤモヤしている段階で無理矢理やり方を教えて答えを出せるようにしてしまったり、ある程度できているからもういいよという感じでモヤモヤを解消させずに次に進んでしまうと、その学習内容に対してずっと苦手意識を持ち続けてしまう可能性もあるので、しっかりモヤモヤが晴れるところまで向き合うことが大事だなと思います。

|

« ミラーニューロン | トップページ | 反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミラーニューロン | トップページ | 反省 »