« 「なんで?」 | トップページ | 不思議 »

2019年8月 7日 (水)

安請け合いしない

これは多分性格的なものもあると思うのですが、昔から何か頼まれると断るのが苦手で、その傾向は大人になっても変わらず、教室を始めてからも、自分が得意ではないことでも「できませんか?」と尋ねられると「できません」ということができず、お受けしていたようなこともありました。

私は大学時代に小学校の教員免許と中学校・高校の国語の教員免許を取りましたので、そういう意味では国語を教えることはできると言ってもいいのかもしれませんし、小学生にならどの教科でも教えられますよと言ってもいいのかもしれません。
でも、私自身、国語より算数や数学の方が好きですし、小学生相手にでも、理科や社会を教えようとは思えません。(もちろん、教えるための知識がほとんどなくなっているというのが最大の理由ですが。)

これは自分が生徒、学生だった頃に感じたことなのですが、何を習うにしても、その先生がそれを心から好きだと思っている、楽しんでいる、そういう先生に習うのが一番だと思います。
先生がそれを楽しいと感じていれば、自然とそれはにじみ出るでしょうし、仮に子どもがそれを苦手としていたとしても、その楽しみを知っている先生から習う方が、少しでも楽しく感じられる可能性が高いのではないかと思うのです。

教室を始めた頃、お世話になった先生から就学前のお子さんも受け入れるよう勧められましたが、私は幼児教育の勉強をしたことがありませんでしたし、子育てもしていませんので、結局年少さんを受け入れることはせずに来ました。

苦手なんだけどな…。できればやりたくないんだけどな…。そんな風に思いながら大事な子どもと向き合うのはとても失礼なことだと思っています。教室の経営的なことを考えれば、苦手でも希望してくださる方がいるならできるだけ受け入れる方がいいのかもしれませんが、子ども達と気持ちよく、楽しくレッスンを続けるためにも、やはりこれからも自分ができると思うこと、胸を張ってお勧めできることだけをしていこうと思います。

|

« 「なんで?」 | トップページ | 不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「なんで?」 | トップページ | 不思議 »