« 好奇心 | トップページ | 教えないからこそ »

2019年6月20日 (木)

なんだか不思議な感覚

小学校に上がる少し前から来てくれていて、中学生になって一旦数ヶ月ブランクができたものの、また戻ってきてくれた子がいます。
真面目に問題に取り組んでくれるのですが、ただの計算などでケアレスミスをすることが少なくなく、テストなどでもそういうところで点数を落としてしまうことがあるのではと気になっています。ただ、恐らく単純な計算問題というのの割合が少ないのか、テストのときは集中できているのか、これまでテストはまずまずの結果が出ているようなので、とりあえずはホッとしています。

今回の定期テストも結構いい結果だったようで、よかったねと言いながらレッスンをしていると、また結構な確率で符号をつけ忘れたり、簡単な足し算を間違えたりといった計算ミスが続発。
また不安になりかけていたところ、これまで一緒にしたことはなく、学校でもまだ習っていない、その子にとって恐らく初見の少し応用の必要な問題が出てきました。

ベテランなので「とりあえず考えてみてくれる?わからんかったら助けるわ」とだけ言ったところ、1問目、全く普通にクリアし、それより更に複雑になった2問目も何の助けも必要とせずにクリア。更にいえば、その問題を解くにも単純計算が必要なところが何か所もあったのですが、一度もミスせず正解。

それを見て、不思議な感覚に襲われながら、もしかするとこの子は、しっかり考える必要があるものだと「ケアレスミス」が出ないのかな?と思ったりしました。
応用問題に強い、考えることが苦にならないというのは、とても素晴らしいことですので、その点は見ていてとても安心しました。

|

« 好奇心 | トップページ | 教えないからこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好奇心 | トップページ | 教えないからこそ »