« 根競べ | トップページ | 中学生 »

2019年6月 6日 (木)

性格なのか?

中学の数学を一緒にしていると、やたらと符合を忘れる子というのがいます。
そういう子は計算力がないわけではなく、むしろ計算力やスピードはそれなりにあるにもかかわらず、符号を書き忘れる印象を受けることが多いのですが、個人的には不思議でなりません。

もちろん、一緒にレッスンをしているので、正負の数の計算などでは、計算を始める前にまず符号を決めて、もしマイナスになるのであればそれを書いてしまってから計算するように話しますし、符号を間違えたらどれだけ計算ができてもバツになるのだから気を付けなくてはというような話もします。
でも、やたらと忘れる子達にはあまり効果がないのです。

冷静に考えると、いくら面倒な計算をしっかりできたとしても、プラスマイナスが逆であればバツになってしまうのであれば、符号がとても重要なことがわかるはずですし、純粋に間違えたわけではなく、単に符号の書き忘れで自分が計算したものが無駄になる(点数が0になる)のはもったいない、馬鹿らしいなどと思うのではないかと思うのですが、響かない子には響かないのです。

そういう子が数学が苦手だったり、嫌いだったりするならまだ、嫌々やっているんだからしょうがない…と思えなくもないのですが、大抵、そうではない子達なのです。
これは性格的なものだったりするのでしょうか?個人的に不思議に思っています。

|

« 根競べ | トップページ | 中学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 根競べ | トップページ | 中学生 »