« 葛藤するけど | トップページ | がんばっているのに。 »

2019年5月28日 (火)

謎のスイッチ

今日のレッスンでも謎のスイッチが押された子がいました。

本当に不思議なのですが、例えば十数問同じような問題が並んでいるプリントで、順にスイスイ解いていた子が途中で1問答えを間違えたので、その答えを指して「合ってる?」などと尋ね、私としては「ああ、違うわ!」とすぐ気付いてくれるはずだと思っているにも関わらず、なぜかその答えが全く正しく直せず、どれだけ声掛けしても「ああ!」と言ってもらえず、試しに同じプリントの別の問題をやってもらったらそれはあっさり正解する。そこでたまたまおかしかったのかなと、ほかの問題を先に済ませてもらった後戻っても、どうしてなのかその問題だけは正しい答えに辿り着けないという現象が起きることがあります。

別のパターンで、それまでスラスラできていたのに突然スイッチがオフになって、簡単なことも全くできなくなるということもあるのですが、それは大抵疲れて考える力がぷつんと途切れたような感じで、全く違う問題をしてもらえば多少復活する場合もありますし、その日はもう考える問題は無理という場合もあります。
こちらのパターンはまだ理解できるのですが、上のような場合は本当に謎なのです。

 

今日の子は時間の帯を見ながら、例えば午前7時から午前10時までは何時間かというような問題をしていました。
1枚目のプリントの1問目は一緒にやり、その後は自分で何時から何時というのを見て帯に色をぬり、塗ったところを数えるということができていたのですが、なぜか3枚目の真ん中の問題だけ、初めの時刻は1時間早くから、終わりの時刻は1時間遅くまで塗られていて、「午後3時から午後8時までよ」と数字を囲んで声掛けしたものの、初めはなんとか午後3時の位置に直せたものの、後ろがどうしても午後9時から動きません。

ためしに次の問題、その次の問題をしてもらったところ、それは問題なくクリアしたのですが、戻るとやはりダメ。消してやり直してもらってもダメ。普通にできた問題の時間の数字と帯のところの数字を線で結んで見せてもダメ。そのうち目に涙が浮かんできました。
そんなことで泣くことはないということで、それは保留にしましたが、とにかく本当に不思議なのです。

この現象には何か名前があるのでしょうか。(苦笑)

|

« 葛藤するけど | トップページ | がんばっているのに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葛藤するけど | トップページ | がんばっているのに。 »