« 葛藤 | トップページ | 令和初 »

2019年5月 9日 (木)

まだ1年生なのに。

今日は改めて考えさせられたことがありました。
教室では宿題は出さないでというご要望がなければ、算数では基本的にその回に学習したことのおさらいの内容の宿題とパズル系の宿題を出します。
ただ、子どもであってもおうちではなかなか宿題をしようと思えない子というのもいるようで、これまでにも、おうちで宿題をさせるために親子バトルが勃発するというようなお話も何人もの方から伺いましたし、それが続くようであればひとまず宿題はなしにして様子を見ましょうということにさせてもらったこともあります。

プリントの宿題は、何か気になるので取り組みを見たいと思うような場合でなければ、持ってこなくてもOKにすることもありますし、仮にやっていなくても、次の回のレッスンで何も問題なければ、やっていなくても構わないとも思っています。

更にいえば、幼児さんについては、宿題は出すものの、まだ幼児さんなので強制するつもりはありませんし、どうにもこうにも嫌であればしなければいいと思ってもいます。もちろん、何か苦手としていることがあって、そのためにはやっておいた方がいいと思うものなどを宿題にする場合には理由を伝え、できるだけやってほしいということはありますが、嫌だと言われればそれまでです。

そして今日、年長の途中から来てくれている小1さんが、これまでは宿題を持ってきてほしいとは言っていなかったので、1年生になったので持ってきて見せてほしいと、連休前にお願いしました。できなかったものがあればそのまま持ってきてくれたら構わないとお伝えしていたので、おうちでも無理矢理させるということはなさらなかったのだろうと思います。
その結果、その子ならやればすぐにできるはずのものも含め、大半が手つかずの状態で持って来てくれたので、これは本当に、全く怒るとかではなく「これはどうしてできなかったの?」と普通に理由を尋ねたのです。(難しかったのか、忙しかったのか、忘れていたのか、やりたくなかったのか、どの理由でも怒らないよと伝えて。)

しかし、その瞬間、視線を外したかと思えば、その目があちこちに泳いだのです。
その反応に正直かなりびっくりしました。

少なくともこれまでその子に対して宿題をしなかったことで怒ったことはありませんし、今回も嫌だったか難しかったかどちらなのかを知りたかっただけで、怒るつもりはなく、本当に普通の口調で尋ねたにも関わらず、その子が見せた反応は宿題をしなかったことは悪いことだと思っているからこその反応だったのではないかと。

そんな小さいうちから、宿題はしなければならないもので、しなければ叱られるという風に思っているのかと思うと、そのことに少しショックを受けました。
もちろん、できれば取り組んでほしいと思うものを宿題に出しているので、しなくていいと私の方から言うことはできませんが、あの反応は結構応えました。次回はどんな状態で持ってきてくれるか、少し様子を見ようと思います。

|

« 葛藤 | トップページ | 令和初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葛藤 | トップページ | 令和初 »