« 辛いけど | トップページ | わかりやすい »

2019年5月24日 (金)

「今が一番若い」

「人間、今が一番若いんだよ」というのは永六輔さんの言葉だそうですが、何かを始めようと思ったとき、それがたとえ何歳であっても、今が一番若いのだと。そういわれてみれば確かにそうで、思い立った時点で考えれば、明日より今日の方が人はみんな若いんですよね。

私自身、年々色々な衰えを感じていますが、それでもやはり今日より明日のほうが歳をとるのは確かで、何かをしようと思ったら早いに越したことはないのだろうと思います。

成長の早い子ども達にとっては、大人の1か月の成長が子どもの1日分と同じぐらいかもしれませんし、一般には9歳、10歳あたりである程度脳が出来上がるとも言われています。ですから、早い時期から子どものためになる働きかけをしてあげるに越したことはありませんし、高学年、中学生になってしまってからでは、幼児、低学年期に取り組むより伸びが少なかったり、大きな努力が必要だったりはするかもしれません。
それでも、しないより、「今から始める」方がいいのは確かだろうと思います。

高学年になってから来てくれるようになった子で、図形全般に苦手な子がいます。これまでにもそういう子はいましたし、私自身も決して得意ではありませんので、苦手な子の場合、実際に経験を積ませることが大事になってくるように思います。
必ずとは言えませんが、図形が極端に苦手な子は小さい頃に折り紙遊びや積み木遊びのような昔ながらの手遊びをあまりしたことがないということも珍しくありません。
例えば折り紙を4つ折りにしてどこかを切り、開いたらどう見えるかというような問題は、ある程度成長すればできて当然なのでは?と思うこともありますが、苦手な子の場合、経験していないと本当にわからない子もいるのです。
ですが、ある程度成長していると、例えば折り紙を渡し、一度実際に折って切り、開いてみてもらうと、たった一度しかしなくても、その後はそれを応用してすんなり解ける場合もあります。イメージできない子は一度も経験していないものは想像ができないのかもしれません。ですが、成長する段階で色々な経験をしている分、一度実際に確かめるだけでほかに応用できたりするということなのでしょうか。

今日のあるレッスンでも、折り紙を四つ折りした上に更に三角に2回折るという、確かに複雑ではあるものの、その図でどの頂点がどこと重なるか考える問題に苦戦していた中学生に、授業やテストでは使うことはできないものの、想像できない子に考えろといってもどうしようもないので、折り紙を渡して確かめてもらいました。
中学生にもなってそんなことをしていたら授業についていけないという意見もあるかもしれませんし、小学校低学年の段階で出会えていたらもう少し楽にイメージできるようになっていたかもしれないと気の毒に思ったりもしますが、それでもやはり、その子にとっては「今が一番若い」わけで、経験を蓄積していく意味はあるのではないかと思います。

|

« 辛いけど | トップページ | わかりやすい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辛いけど | トップページ | わかりやすい »