« 不思議な1日 | トップページ | 色々気づく »

2019年4月18日 (木)

ゆっくりだけど着実に。

年長の途中から一緒にレッスンをさせてもらっている新1年生さんのひとりは、年長さんの間は実質半分ぐらいお休みされたような感じで、何回か空くとまたおさらいからになってしまったり、算数に関してはゆっくりじっくりのタイプなのかなという印象もあるお子さんだったりということで、進度的には今後もお休みが多いと学校の進度と変わらなくなってしまうのではと、少し心配もしていました。

年長さんで来てくれたときに、比較的簡単な点つなぎでもかなり抵抗を示していたのですが、まだ年長の段階で嫌になってしまう方が怖かったので、それもゆっくりペースで進めていたため、1年生になったので、そちらももう少ししっかり取り組んでもらう必要があるなとも思っていました。
前回のレッスンでも点つなぎはまだかなり抵抗がある様子で、どうにか1つは完成したので、残りはおうちでやってみてもらうことにしたため、今回はどうなるか少し不安でしたが、がんばって取り組んでくれたのか、前回よりは少しスムーズにできたように感じました。
そして、10までの足す・引くも、以前は指で数えようとすることが多かったのですが、「7は5の上にいくつある?」というように尋ねると、頭に何か思い浮かべる様子を見せてから、「2個!」などと答えられるようになり、例えば7-4のような問題は、上に2個あるので、それを取ってからあと何個取るか尋ねると、ゆっくりながらもやはり何かを思い浮かべる様子を見せながら、「あと2個!」というような感じで答えてくれるようになりました。

しっかりイメージできたときには明らかに表情が「ぴか~ん」と音が出そうな明るい表情になって、ああ、ちゃんとわかっているんだなと見ていて嬉しくなりました。
そして、今の段階で頭でイメージできるようになってきているのはとても嬉しいことです。
たとえゆっくりでも、自分できちんとイメージできれば、算数を嫌いになることはないのではないかと思いますし、この調子でだんだんできることが増えて、もしかするとそのうち算数を好きになってくれるかもしれません。

今は私も焦らずゆっくりその子の様子を見ていきたいと思います。

|

« 不思議な1日 | トップページ | 色々気づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議な1日 | トップページ | 色々気づく »