« ちょっと新鮮。 | トップページ | 世の中はいよいよ10連休。 »

2019年4月25日 (木)

嬉しい反応

今日のレッスンでのこと。
新1年生さんのひとりと、3つの数のたし算の学習をしていたとき、たし算は順番を入れ替えても答えが変わらないことに気づいてもらうため、それを言葉で書くのではなく、黒丸2つと3つと4つの図を並べ、2と3と4のとき、3と4と2のとき、4と2と3のときなど、並び方を変えたものを見ながら、式と答えを書いてもらうことで気づいてもらうよう促すつもりで作ったプリントに取り組んでもらっていました。

すると、1つ目の式と答えを書いた後、2つ目の図を見た途端、「これおんなじやん。だって、ほら、これ2でこれ4でこれ3」と上の図と見比べながら、同じものだけれど並びが違うということにすぐ気付き、言葉にしてくれました。
その後の問題も、図を見て「え、これもおんなじやん。あ、これも、これも、全部おんなじ!」と楽しそうに笑いながら言いました。

その子は今の時点では算数はあまり得意ではないのかもという子なだけに、並びが違うだけで同じ数が並んでいるということにすぐ気付いてくれたことも、並び方が違っても答えは同じだということに気づいてくれたことも、どちらもとても嬉しい反応でした。
そして、子ども自身が気づいたからこそ、楽しそうに笑って問題に取り組んでくれたのであって、仮にこれを私が、2と3と4を足しても、3と2と4を足しても、順番が違うだけだから答えは同じになるよね?というような感じで説明してから問題に取り組んでもらっていたとしたら、子ども自身が発見することも、当然楽しそうに取り組むこともなかったのだろうと思います。

教えずに子ども自身が気づくように促すというのはこれまでもずっと心がけてきたことですが、自分で教材を作るようになってからは、その教材の意図に子どもが気づいてくれることは私にとっても喜びになるのだなと感じています。
更によいものを提供できるように努めたいと思います。

|

« ちょっと新鮮。 | トップページ | 世の中はいよいよ10連休。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと新鮮。 | トップページ | 世の中はいよいよ10連休。 »