« ようやく | トップページ | ゆっくりだけど着実に。 »

2019年4月17日 (水)

不思議な1日

今年度なぜか最もびっしりレッスンが詰まっている水曜日。人数的には火曜や土曜と変わらないものの、時間延長の子が複数いたり、発達上の困難を持つお子さんがいたりと、なかなか濃いレッスンが続く日なのですが、なんとか時間割を組むために、レッスン開始が15時50分からで、次に来る子達は17時、17時10分、18時15分、18時30分、その中に75分のレッスンの子や90分のレッスンの子が複数含まれているというややっこしいタイムテーブルになってしまいました。

で、15時50分に来る予定のうちひとりは15時10分過ぎに来たらもう下で待っていて、もうひとりも15時25分に登場。
今日はみんな早いねぇと言いながらレッスンを始めると、17時の子は16時半に、17時10分の子は16時50分頃に、18時15分の子は17時半頃に、18時30分の子は18時20分にと、なぜか軒並みみんな時間を繰り上げてやってきました!

もちろん、多少早いぐらいは驚かないのですが、普段は時間に少し遅れてくる子も何人かいるのに、今日は全員が見事に時間より早く、それも、普段遅れてくる子ほど早く来る度合いが大きくて、なんだか不思議な1日でした。

少し前から一緒にレッスンをさせてもらっている、障害の影響で実際の学年より5学年ほど遅れて学習をしている子と、どうにか2桁同士の足し算、引き算だけは筆算で機械的に処理をするのではなく、意味を理解してできるようになってほしいと、何週にも渡って取り組んでもらっていた100までの足す引くで、今日初めて、その子の頭にイメージが浮かんだのを感じられた瞬間がありました。

もちろん、そのことで一気に変わるとまでは思っていませんが、全くイメージできておらず、いくら物を見せたり絵を見せたりしながら言葉をかけても、指で数えたり、筆算で答えだけ出そうとしたりし続けていた子に初めて私が言っている意味が伝わり、その子が頭で思い浮かべて答えを返してくれる瞬間は心震える瞬間でもありました。

 

|

« ようやく | トップページ | ゆっくりだけど着実に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようやく | トップページ | ゆっくりだけど着実に。 »