« 原因はわかりました。 | トップページ | 困りました…。 »

2019年4月 6日 (土)

大切なことを思い出させてくれる。

私自身は塾にも予備校にも通ったことがなく、学校以外のところで勉強を「習った」ことがないこともあって、あまり小さいうちからお勉強の教室には通わなくてもいいのではという気持ちを持ちながらも、現実は小さい頃から教室や塾などに通わせておられるご家庭も少なくありませんので、そうであれば、小さい子達にとって少しでもいい学びの場を提供できたら、ほかにはあまりないような選択肢を提供できたら、というような思いで教室を始めました。

ですから、お子さん自身が通いたい、学びたいという気持ちをお持ちでなければ、保護者の方が通わせたいと思ってくださっても、おうちに帰ってご相談なさってくださいというようにお話をするので、幼児さんとレッスンをさせて頂く機会はかなり限られています。
ですが、幼児さんとレッスンをさせて頂くと、大切なことを思い出させてもらえることがあります。

本当は昨年の冬頃から通いたいとご希望を頂いていた幼児さんがいたのですが、ご希望のお時間に空きがなく、新年度まで待って頂いていました。
4月から年長さんになったお子さんと、今日は体験レッスン以来久しぶりのレッスンだったのですが、何をするにも本当に一所懸命で、おまけにとても楽しそうで、数を答えてもらうときなども、満面の笑顔で「3!」とか「5!」とか力いっぱい答えてくれる姿は思わずこちらも笑顔になるほどです。
レッスンが終わった後もがんばった満足感、達成感のようなものが伝わってきて、そうなんだよね、新しいことを学ぶのは本来はとてもとても楽しいことなんだよねと、大事なことを思い出させてもらいました。
そして、こんなに楽しそうに学ぶ子ども達が、学年が上がるにつれ笑顔が消えていくのは、もちろん教科の好き嫌いはあるとはいえ、やはり指導者側にも少なからず責任があるのだろうとも思います。

つい先日は、ある新1年生のお母様が、お子さんがおうちで教室の宿題をしていて、終わった後に「あ~、すっきりした」と言ったんですと教えてくださいました。そのお子さんは、うちに来てくださる前にプリント反復形式の教室に通い始めておられていたのですが、お母様がおっしゃるには、そちらの宿題をしても、そんなことを言ったことはなかったので、面白いなと思ったそうです。

自分で考えてわかることは一種の快感ですから、パズルが解けた、なぞなぞが解けたなどのすっきり感と通じるものがあるのではないかなと思います。そのすっきり感は、やり方を覚え、真似て答えを導き出す学びでは得られるものではありません。

教室に来てくれる子達には、少しでも長く、すっきり感や達成感、満足感を感じ続けてもらえるよう、今年度もしっかりがんばっていきたいと思います。

 

|

« 原因はわかりました。 | トップページ | 困りました…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原因はわかりました。 | トップページ | 困りました…。 »