« 事務仕事 | トップページ | 今日の出来事 »

2019年2月12日 (火)

感心

個人的には中学受験に関しては手放しで賛成はしませんし、勉強への取り組み方やお子さんの成長度合いや性格によっては、やめたほうがいい場合もあるだろうと思っているのですが、今月に入って、しみじみ感じていることがあります。

今年度は珍しく、中学受験をする6年生さん2人と受験直前まで、受験塾と併用という形で一緒にレッスンをさせてもらっていました。
無事進学先が決まり、2月から2人とも復帰してくれているのですが、その子たちを見ていてしみじみ感心することがあるのです。
受験まではそこまで感じなかったのですが(もしかしたら、掛け持ちだったり、受験塾の授業の負担や宿題の量の多さなどで常に疲れていたとかかもしれませんが)、2人が2人共、これまで以上に算数がよくできるなと感じるのです。

2人とも中学の数学をし始めたのですが、その理解が速い。その上、こんなに速かったっけ?というぐらい2人共計算が速い。それも暗算で結構スイスイ解いてしまう姿に、これまでのがんばりがしっかり実を結んでいるんだなと感じました。

私立中学の多くは数学の進度が公立に比べて相当速いので、初めは驚いていましたが、そりゃあ、これだけスイスイ解く子たちが集まれば、ゆっくり進めるほうが難しいということかもしれないなと、改めて感じました。
そして、そうなってくると、ちょっとの躓きで一気に置いていかれる危険もあるということだなとも思いました。(うちに来てくれている子達は心配していませんが。)

若い子達の伸びしろは羨ましいものがありますね。

|

« 事務仕事 | トップページ | 今日の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感心:

« 事務仕事 | トップページ | 今日の出来事 »