« 七草粥 | トップページ | お正月気分は抜けたものの。 »

2019年1月 8日 (火)

お正月ボケ?

少し前から一緒にレッスンしている、控えめで真面目な高学年さん。
算数に強い苦手意識があるということで来てくれたので、おさらいから始めて、どこか理解できていないところがあるのか確かめてきましたが、それほどでもなく、なぜそこまで苦手と思ってしまったのかな?という印象を受けています。
真面目なので、宿題もきちんとやってきてくれるのですが、今回何枚か出したプリントのうち、あるプリントの最後の問題を解いていなかったので、どうしたのかなと尋ねました。
同じような問題であれば、できると思えば飛ばしてもいいということは、どの子に対しても言うことはあるので、それでしなかったのかなと思って尋ねたところ、わからなかったのだと。
でも、そのプリントの他の問題は全部できており、最後の問題が難しいようには思えませんでした。

どこがわからなかったのか、問題を読みながら確認したところ、家からバス停までと家からポストまでの距離が、前者が後者の11倍だと書かれている文章なのに、その子は逆に受け取っていることがわかりました。

家からバス停までが682m。これは家からポストまでの11倍です。

このような表現で書かれており、「これ」が指すのは682mだということも理解できるのに、家からポストまでの方が長いと答えます。

「これ」のところに682m、「は」のところに=、「家からポスト」のところに「□」、少し離して「11」を書き、その間は何算になるか尋ねると掛け算と答えたので「×」を書いて、これを見れば「ああ!」と言ってくれると思ったのに顔は曇ったまま…。

そこで、その子のことに置き換えてお年玉を例に尋ねたり、私と母の年賀状の枚数を簡単な数になるように礼を作って尋ねたりしたものの、どうしてもピンとこない様子でした。

元々算数に苦手意識がある子なので、少しずつ表情が悲しげになり始めたため、また今度にしようといって別の問題に移りましたが、とにかくその問題以外はほぼ問題なし。

お正月ボケで何かおかしなスイッチが入っていただけならよいのですが、次回もう一度問題を見てもらって、それでも同じ状態になったら、どうすれば納得してもらえるか、もっと考えておかなくては。

|

« 七草粥 | トップページ | お正月気分は抜けたものの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月ボケ?:

« 七草粥 | トップページ | お正月気分は抜けたものの。 »