« わかったふり | トップページ | 申し訳ありませんでした…。 »

2018年12月13日 (木)

持って生まれたもの

人はそれぞれ生まれたときから何かが得意だったり、何かが苦手だったりというところがあるのだろうと思います。
どの程度の割合なのかとか、遺伝的要素、環境的要素がどの程度影響するのかなど、難しいことはわかりませんが、生まれつき運動能力が高い子もいれば、絶対音感を持って生まれる子もいますし、抜群の記憶力を持っているとか、絵がめちゃくちゃうまいとか、飛び抜けている能力については、生まれながらに持っているものによるところが大きいのではないかなと思います。

教室の子達を見ていても、これまでに何人か抜群に算数ができる子がいましたが、その子達は親御さんなどの働きかけでよりよく伸びた面もあるとは思いますが、天性のものだなと感じました。
そして、またそういう印象を受ける子が現れました。

普段のレッスンでも感心しきりなのですが、今週のレッスンでも、時計を使っての学習をしていたとき、実際に針を回しながら、指定された何時何分に合わせてもらっていたところ、時計の模型を使うこと自体初めてだった上に、ダイヤル部分で回せるのは見せたものの、それ以上は何も言わずに渡したところ、その子がとった行動に驚かされました。

これまで時計の模型を使ってレッスンをした小さな子達は、記憶にある限りみんなダイヤルは時計回りの方向にしか回しませんでした。
ですので、例えば一旦1時15分に合わせた後、次に10時20分に合わせるような場合、ぐるぐるぐるぐる9周回して、あと5分というような動かし方をします。それだと回す回数が多くなるので、反対に回せば3周弱で済むということを見せるなどすれば、その後近い方に回すという子もいましたが、幼児や1年生ぐらいだと、時計は時計回りという印象が強いのか、数が増えていくのが自然な数え方ということがあるのか、なかなか反対に回そうとしませんし、そもそも、どちらに回す方が回数が少なくて済むかという考え方が、幼い子達にはまだあまりないのかもしれないとも思っていました。

しかし、初めて時計の模型を使って時・分を合わせていた子が、極めて自然に反対回り(回す回数が少ない方)に回して針を合わせる瞬間を目撃し、正直びっくりしました。
誰かに教えられたわけでもないのに、その子は自ら気づいたということなのでしょう。こういうことに自然に気づくというのは、やはり持って生まれた能力のひとつなのだろうと思います。
その子のこれからがますます楽しみですし、個人的には羨ましいなぁとも思います。

|

« わかったふり | トップページ | 申し訳ありませんでした…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持って生まれたもの:

« わかったふり | トップページ | 申し訳ありませんでした…。 »