« 自信 | トップページ | なかなか見られない反応 »

2018年12月 5日 (水)

聞くのが得意?

来てくれた当初に比べると随分考えられること、できることも増え、恐らく学校では授業で困ることもないのではないかなと思えるようになった子のお話。

まだ1年生だった頃、おうちの方があれこれ手を尽くし、何とか分からせてあげようとされたにも関わらず、1年生の早い段階から算数で苦戦しているということでご縁をもらったという経緯だったため、少なくとも算数に関しては今もスラスラ解ける、得意になった、というところまでは至っていません。

ただ、その子はほかに得意なことも色々あるようなので、算数に関しては授業で困らない程度、嫌いにならない程度にできれば、それでもいいのかなと思っているものの、今でも時々予想外の答えを出したり、その子にとって簡単なはずのことでも突然できなくなったりということもある状態です。

それが、今回のレッスンで問題を読み聞かせて正解を答えるという課題をしてもらったところ、4問とも一度読んだだけなのに全部正解したのです。
例えばぼくのかばんはお父さんのカバンより小さく、おじいちゃんのかばんはお父さんのカバンより大きいなら一番大きいのは誰のカバンかというような、3つか4つのものを比べて何番目のものは何か尋ねるというようなものなのですが、その類の問題をすると、少なくない数の子は一度読んだだけでは答えられず、「もう一回読んで」と言ってきますし、一度読んだだけでは間違える子もそれなりにいるのです。
それは算数が得意でよくできる子であっても、苦手な子、一度読んだだけではできない子もいるのですが、その子は一発全問正解だったので少し驚きました。
それと同時に、もしかするとこの子は耳から情報を入れるほうが理解が進むタイプの子なのかもしれないなとも思いました。

国語もあまり得意ではないようなのですが、問題を解く際に黙読ではなく、必ず音読させてみたら、今よりよくできるようになるかもしれないと感じましたので、次回以降試してみようと思います。

|

« 自信 | トップページ | なかなか見られない反応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞くのが得意?:

« 自信 | トップページ | なかなか見られない反応 »