« 子どもが進んで学ぶこと | トップページ | 変化を目の当たりにする »

2018年11月16日 (金)

気をつけなくちゃ

ある年長さんとのレッスンでのこと。
いつもとてもよくできる子なのですが、今回のレッスンでは少し疲れていたのか、普段に比べると集中が続かなかったりする場面が何度かあり、そのたび、課題をほかにものに変えたりして頭をリフレッシュしてもらいました。

その際、今の状態からするとやってくれるかな、どうかな…と思うプリントを見せて、「できそう?今度にする?」と尋ねたところ、じっとプリントを見つめて黙っているので、嫌なのかな?と更に質問しようとしたものの、目がなんだか真剣だったので、もしかして…と声を掛けずに黙ってプリントを机に置いてみました。

すると、黙ったまま鉛筆を握り、問題を考えて試行錯誤し始めました。

やはり問題を見せた時点で私の声は聞いておらず、既に問題を考え始めていたのだなと、声をかけて思考の邪魔をせずに済んでよかったと思いました。
そのレッスンではマンツーマンで表情を見ていたので気づけたのですが、複数の子がいる場などでは、気づかずに「やりたくない?」などと何度か尋ね、それでも返事がなければ「ねえ、話を聞いてちょうだい」などと更に思考を遮ってしまう可能性もあるなと、今回のことで感じました。

子どもが考える邪魔は絶対にしたくないと思っているので、「黙っている、返事をしない」=「聞いていない」だと早合点しないよう(確かに話は耳に入っていないとも言えますが、既に問題に向けて集中しているということと、ただ話を聞いていないこととは全く違いますので。)より一層気をつけていかねばと思います。

|

« 子どもが進んで学ぶこと | トップページ | 変化を目の当たりにする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気をつけなくちゃ:

« 子どもが進んで学ぶこと | トップページ | 変化を目の当たりにする »