« 驚きと不安 | トップページ | 気をつけなくちゃ »

2018年11月15日 (木)

子どもが進んで学ぶこと

一緒にレッスンをするようになって2ヶ月目になる3年生さん。
本人の話だと理科、中でも特に化学に興味があるそうで、前回のレッスンでは物質名や性質などについて少し話を聞かせてくれたりして、興味があるってすごいなぁと、話を聞きながら思いました。

今回のレッスンでは重さの学習をし始めたのですが、重さの単位を何か知っているか尋ねたところ、「グラム、あと、トンとキログラム。」と、小学校で習う単位全てを知っていました。
おまけに、トンは1000キログラムということも知っていて、「すごいね、よく知ってるね。」と言って、レッスンを進めました。

うちの教室の場合は、その子が何を知っているか確認し、知っていることは説明しませんので、学校などで習うより先に知っていれば、よく知っているねと褒めたり、何で知っているのと尋ねて教えてもらったりできますが、これが学校だと、先生によっては子ども自身が興味を持って学んだことでさえ、なんで先に知っているのだとそれに対して腹を立てたりする先生もいると聞きます。

塾講師をしていたことがあるので、どういう段取りで授業をするか考えているところに、自分が説明するつもりだったことを、知っている子が先走って言ってしまうと、段取りを狂わされたという気持ちになったり、まだ知らなくてこれからの説明を待っていた子達の妨げになることに腹立たしさを感じたりする感情は理解できます。
ですから、学校の先生は本当に大変だと思うのですが、それでもやはり、子どもが自ら興味を持って学んだことは認めて、褒めてあげてほしいなと思います。

もしも学校で習ってないことを授業で言ったり、使ったりしたことでお子さんが注意を受けたりした場合は、ご家庭で可能な範囲で先生の立場をフォローして頂きつつ、お子さんが進んで学んだことは大いに褒めてあげてほしいなとも思います。

|

« 驚きと不安 | トップページ | 気をつけなくちゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが進んで学ぶこと:

« 驚きと不安 | トップページ | 気をつけなくちゃ »