« 今日の出来事 | トップページ | オフ »

2018年10月20日 (土)

安心する

子ども達とレッスンをする際、何か具体物を使って見せられる場合は、できるだけ具体物を見せながら導入していくのですが、小さい子達と足し算や引き算の学習をする際も、積み木や玉、おはじきなどを使いながら、数を量として感じてもらいながら、徐々にものを見せなくても、それをイメージできるようになってもらうというのが一般的な流れです。

そうやってレッスンをしている子達と何度かレッスンを重ねているうちに、具体物を見せていなくても「7は5の上にいくつのってる?」と尋ねると、少し何かを思い浮かべるような仕草をして「2個」と答えてくれたり、「8のここはいくつ開いてる?」と、教具がない状態で、そこに教具があるように指差して尋ねると、「(10になるのには)2個」と答えてくれるようになると、なんだか安心します。

実際にはないものを頭に思い浮かべて答えられるようになるということは、数とイメージが結びついてきているともいえると思いますし、そうなると大抵の場合、安定感が出てきたり、伸びを感じさせてくれたりするので、私にとってもとても嬉しいことのひとつです。

|

« 今日の出来事 | トップページ | オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安心する:

« 今日の出来事 | トップページ | オフ »