« 新人さん | トップページ | 割合 »

2018年10月 3日 (水)

成長している

算数に関しては、理解して定着するまでに時間がかかるタイプの子のひとりが、1年生の途中から通ってきてくれていて、今で3年生になります。
まだ苦手なこともあり、時間もかかりますが、当初に比べると随分考えられるようにもなりましたし、ペースはゆっくりながらも、その子のペースでしっかり前進しているようにも感じます。

その子は少し前のレッスンから、2桁×2桁、3桁×2桁の掛け算の筆算も学習していて、最近は随分安定して解けるようにもなっていました。
そんな中、2桁×1桁や3桁×1桁の掛け算の暗算をおさらいすることになったのですが、これまでのその子の傾向としては、少し前にやって、学校ではまだやっていないようなことや、学校ではさらっと済ませてしまうようなことだと、やり方を教えて覚えさせたわけではないものの、どうやって解いたのだったかをすっかり忘れてしまっているということが時々ありました。

ですので、2桁×2桁や3桁×2桁の筆算はできるようになったものの、掛ける数が1桁とはいえ、暗算でするとなると、そのままでは難しいということで、筆算を書くのではないかなと想像していました。もちろん、正しく解ければそれで構わないので、筆算していいか尋ねられたらいいよというつもりで見ていました。

すると、筆算をしていいか尋ねるでもなく、計算用紙に何かを書くでもなく、ただプリントにかかれている式だけを見て、一の位から答えを書いていくではありませんか。繰り上がる場合もそれを頭で覚えていて、次々と正解していきます。
少し前、それを暗算でした頃には、その子は位ごとに掛け算をして考える方法がしっくりこない様子で、黙って見ていると、例えば「234×5」などであれば、234を5回足して答えを出すような出し方をしたりしていたのです。
それなのに、少なくとも私が全く何も言わなくても、自分でどうすれば計算できるかわかっていて、きちんと解くことができた姿を見て、とても嬉しくなりました。

ゆっくりながらもしっかりと成長しているのだなぁ。

|

« 新人さん | トップページ | 割合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成長している:

« 新人さん | トップページ | 割合 »