« 興味深い反応 | トップページ | 少し変わり始めたかな »

2018年10月11日 (木)

実感しなければすぐ忘れる

以前教室に通ってくれていたお子さんの中に、勉強に熱心な幼稚園に通っておられた方がおられました。
幼稚園で九九の暗唱などまでしていたようで、足し算引き算もある程度は習っていたようなのですが、九九は歌を覚えるような感じで何度も唱えて覚えたということで、その子は掛け算の意味は何も理解しておらず、小学生に上がった後は、一度は覚えていた九九もほぼすっかり忘れてしまっていたようでした。

ほかにも、先取りで小学校の算数を家庭学習などでやっていたというお子さんの中にも、ただドリルやプリントなどを例題などのやり方を真似て解いていくという形で進めていたのだろうなと感じるような子がいて、そういう子達は、既にやったことがあると伺っていたものでもきれいさっぱり忘れているということが結構ありました。

先日から、ある教室で既に1000ぐらいまでの学習をし、掛け算をし始めたという幼児さんとレッスンをさせて頂いているのですが、さすがに幼児さんでそこまで進んでいるだけあって、とても賢いお子さんではあるものの、念のため確認でこれまで学習し終えているはずの内容をおさらいしていると、ところどころ自信がなさそうなところや、忘れてしまっているところがあったりしました。
ただ、1、2問やって、決まりに気づくとすごいスピードで答えを書き始めるという様子を見ていると、やはり賢いのは間違いないとも感じます。

その姿を見ていて改めて感じたのは、どれだけ賢い子であっても、初めにやり方を教えられてしまえば、自らじっくり考える機会を失うことになり、その結果、教えられる前に自分で考えた場合に比べて、明らかに忘れやすくなっているのではないかということでした。
賢い子であればあるほど、少し教えられたらすぐに理解してしまって、同じよな問題はどんどん解くことができるのだろうと思います。スピードを要求されたとしても、習ったことを覚えているうちにするのであれば、恐らくすんなりクリアできるのだろうと思います。
ですが、何をしているのかを理解していなかったり、意味を考える機会を与えられなかったりした場合は、定着度は確実に下がるはずですし、それはとても勿体ないことだと思います。

幸い、その子とは小学校に上がるまでに一緒にレッスンさせてもらう機会を頂けたので、これからの変化が楽しみではありますが、また改めて、幼い時期の学び方について考えさせられました。

|

« 興味深い反応 | トップページ | 少し変わり始めたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実感しなければすぐ忘れる:

« 興味深い反応 | トップページ | 少し変わり始めたかな »