« 広く見る | トップページ | オフ »

2018年6月 2日 (土)

何か伝わったかな

1年生のときに強烈な算数アレルギーが出て、1年生の終わり頃から一緒にレッスンをさせてもらっている子がいます。
もう3年生になったのですが、初めの頃のことを思えば恐らく激変したといってもいいのではというぐらいには算数にも向き合えるようになったものの、めんどくさそうなものはやりたくないというのが態度に現れます。

以前はきつい口調で「このやり方じゃダメなの?」とか「もうやりたくない」とか言ってくることがあったり、助けようと思って声をかけても一切聞く耳を持ってくれなかったりしたので、その頃を思えば随分我慢できる範囲も広がり、耳も貸してくれるようになったのですが、気が乗らない問題になると途端に「これで合ってる?」などと答えの正誤を尋ねてきたり、宿題でもめんどうなものは「わからなかった」といって全くやらずに持ってきたりするのです。(本当にわからなかったわけではなく、手を付けなかったのが見て取れる状態で持ってきます。)

今回のレッスンでも、その子にとってはちょっとがんばって考えなくてはならない問題を「これ合ってる?」と何度も尋ねてき始めたので、もう3年生だしなと、話をしてみました。

算数がキライでどうしてもしたくないのであればしなくてもいいと思っていること。
ただ、今の段階で算数をやらないと決めた場合、中学校の数学もできないということになるだろうし、この先何年間も、わからないな、つまらないなと思って算数や数学の時間を過ごすのはつらいのではないかと思うこと。
また、算数や数学をやらないと、進路の選択肢が狭まってしまうということ。
自分で考えてわかったのでなければ、算数が好きになることはないと思うし、力もつかないと思うこと。
そんなことを3年生でもわかるであろう言葉で伝えたところ、私としては本当にイヤならもうそれはさせないことにしようと思っていたのですが、なんだかすっきりした表情になって、問題に向き合い始めました。

まだ小さいので、またそのうちイヤだと言い始めることもあるかもしれませんが、少なくとも今日は何かその子に伝わったかなと、そう感じられました。

|

« 広く見る | トップページ | オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何か伝わったかな:

« 広く見る | トップページ | オフ »