« 何の差なのかな。 | トップページ | 信じられないかもしれませんが。 »

2018年5月 9日 (水)

仮眠の効果

会社員など、朝から晩にかけて仕事をする人は、午前中が最も頭脳労働に適していて、午後からは頭を使う仕事ではなく主に体を使うとか、あまり考えずにできるような作業にあてるとかする方が効率よく仕事ができるというような話はよく耳にします。
そして、午後からもまた集中力を高めるためにはお昼休みなどに15分程度の短時間の仮眠をとると効果的だということもよく言われていることではないかと思います。

春から通ってくれている高学年さんは、学校が終わったらすぐこちらに来てくれるのですが、ほぼ毎回レッスン序盤から中盤にかけては睡魔との戦い。顔を洗いに行ったり、立ち上がって伸びをしてもらったりしても、なかなかスッキリせず、当然捗らず。ですが、その子は眠気がないときはかなりよくできる印象も持っていました。

そこで、試しにレッスンに来る前に仮眠をとってみてもらうことにしました。
実験(?)初日は家庭訪問の週だったとかでたっぷり2時間仮眠したとのこと。レッスン中に眠気を感じることはなかったようですが、どうも頭が働いている感じがしません。
寝起きは2~3時間しないと頭が働かないというような話もあり、何が本当かはわからないものの、大人の仮眠についてはあまり長い時間寝てはいけないというのは聞いていましたので、次回は15~20分にとどめてみてもらうようお願いしました。

すると、2回目は学校で体育のテストがあって疲れたという割には全く眠そうにすることなく、頭もよく働いていて、これまでの印象では最もよく集中できていたのではと感じたので、引き続きその程度で様子を見てもらうことに。

そして、今週が3回目だったのですが、今回はレッスンの終わりに本人が「うわ、めっちゃ進んだんちゃうん!?」と自ら驚くぐらい実感があったようで、レッスン中ずっと眠くなることもなく、更には私が見ていても、本当によくできるなと感心することが何度もありました。
眠くならなかった2回に捗った量は睡魔と戦っていた1か月分以上なのではないかというぐらいの印象です。

15~20分程度の仮眠であれば、塾などに行く前ちょっとだけということで時間を取ることも可能ではないかと思いますし、特に受験塾などに通っているお子さんは寝る時間が遅かったりすることも少なくないでしょうから、その状態で学校に行き、帰ってきてから塾となると、塾での集中はなかなか難しい場合もあるかもしれません。
おうちで宿題などをする際も、例えばほんの15分程度仮眠してから取り組めば、すぐに終わるようになる子もいるかもしれません。

効果が感じられなければやめればいいでしょうから、お子さんがなかなか集中できないとか、疲れていて宿題などがはかどらないとかいうようなときには、一度試してみられるのもいいのではと思います。

|

« 何の差なのかな。 | トップページ | 信じられないかもしれませんが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/66704784

この記事へのトラックバック一覧です: 仮眠の効果:

« 何の差なのかな。 | トップページ | 信じられないかもしれませんが。 »