« 早く気づけば | トップページ | 魔法のような »

2018年3月 8日 (木)

受験生に

今日は中3くんの公立受験前最後のレッスンでした。
受験生の子には時々話すのですが、真面目に努力してきたのであれば、あなたにとってよい道が開けるはずだと、そういう話を今日の子にも伝えました。

例えば、第1志望の学校に通えないという結果が出た子が併願校に進むような場合、同じ子が同じ時期を違う学校で過ごすということを試すことはできないので、確かめることはできませんが、実は第1志望の学校より実際に進学した学校のほうがその子にとって合っていたり、そこで一生の友となる出会いがあったり、一生の師と思える先生との出会いがあったりというようなことがあるかもしれません。

慰めとかではなく、私は結構本当にそう思っていて、つながるべき縁はつながっていくものなのではないかなという気がするのです。
もちろん、勉強をサボりまくった結果、不本意な学校に進むことになったというような場合はどうなのかわかりませんが、行きたい学校があって、そこに向かって一所懸命努力した後に出た結果は、きっとそれぞれの子にとって「よい結果」なのではないかと。

普段からそういうことを思っているところに、その思いを更に強くするような出来事が、ドンピシャのタイミングで起きました。
帰ろうと思えば日本で受け入れると言ってくれている球団もある中、メジャーでプレーを続けたいと希望し、既にキャンプが始まっても黙々と調整を続けていたイチロー選手。すると、キャンプに入ってから古巣のマリナーズの外野手に故障者が続出し、その結果、とんとん拍子に契約交渉がまとまって、古巣復帰が発表されました。
常に野球のことを最優先で考え、体を作り続けている彼のことを、神様はちゃんと見ておられたということなのではないかなと、そんな気がします。(神様といっても、私は特に何の宗教も信仰していませんので、目に見えない力のようなものという感じですが。)

というわけで、今日の中3くんも、彼にとって最も良い結果が訪れることを楽しみにしつつ、本番でしっかり力を発揮できることを祈りたいと思います。

|

« 早く気づけば | トップページ | 魔法のような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験生に:

« 早く気づけば | トップページ | 魔法のような »