« 2月スタート | トップページ | インフルエンザ猛威を振るっています…。 »

2018年2月 2日 (金)

最近思うこと。

最近、新聞折込にもすごい数の塾などのチラシが入りますし、テレビでも色々な塾や通信教材などのCMが流されることが増えているように感じます。
新年度の生徒を募集する時期ではあるので、例年のことではありますが、ここ数年気になっているのが、大手の塾や通信教材の会社などがこぞって低学年や幼児向けのコースや教材を作っていることです。

元々、中学受験自体、私たちが子どもの頃は5年生からとか6年生から受験のための塾に通うという感じだったように思います。(私は通ったことはありませんが…。)
それがいつの間にか4年生からが普通になり、そのうち4年からじゃ遅いとか言って3年からになり、そういう塾の多くがいつの間にか更に対象年齢を下げています。

最近目にするCMでは、以前は高校生向けの通信教材がメインだった記憶がある企業の幼児向けの教材のCMがあります。小学生ぐらいまで教材ができていることは知っていましたが、とにかくほとんどの教育関連企業が対象年齢をどんどん下にも広げてきているということだと思います。
そして、その一番の理由は少子化なのだろうなと。

もちろん、早く始めた方がいいこともあると思います。
また、お子さんの性格や好き嫌い、向き不向きなどによっては、早くから教材で勉強をさせることが効果的ということももしかしたらあるのかもしれません。

こんな仕事をしている私がこんなことを書くのは、自らの首を絞めているように思えるものの、多くの子ども達にとってはそんな小さいうちから塾に通って人から勉強を教えられたり、おうちでプリントをしたりするより、もっともっと能力を伸ばせる大事なことがあるように思うのです。

元々私がこの教室を始めたのは、私自身がこんな学習の仕方があるのなら、子どものときにこれで学びたかったと思ったからで、教えるというより、あくまでも子ども自身が考え、気づき、学び取っていくためのサポートをしているというつもりです。
そして、恐らくこのまま少子化が進み、多くの大手企業が対象年齢をどんどん下げていけばいくほど、教室を続けていくことができるかどうか不安は増すばかりだなとも感じています。
それでも、子ども達にとって本当にいいと思えるもの、自信を持って提案できるものしかやれないので、仕方ないかなとも思っています。

ペーパーでのお勉強や、やり方を真似てするようなお勉強は、多くの子はあまり早くからしない方がいいのではないかと思っています。
折ったり切ったり貼ったりしながら、自分で自由に何かを作る。手を使った色々な遊びをする。体を動かす。自然に触れる。ほかにもまだまだ色々挙げられますが、体感しながら色々な経験をすることは本当に大きな、学びになるように思います。遊びを通じて経験したことが、後に算数などでも活かされるというものが少なくありません。また、感覚的に理解できているものは、本当の力になります。

あまり詳しくありませんが、スポーツなどのトレーニングでも、まだ筋力などが足りない子どもにはさせることを制限したりするのではないかと思います。まだ十分な筋力もないのに大きな負荷をかけた練習をさせたら、壊れてしまうかもしれませんし、スポーツが嫌いになってしまうかもしれません。
それと同じように、プリントやドリルなどに向かうような勉強も、取り組ませ方によってはマイナスになってしまうこともあるように思います。

小さいお子さんをお持ちの親御さんたちがCMなどを見て、早くお勉強を始めないとほかの子達に後れを取ってしまうかも…と不安になられなければいいなと思います。

|

« 2月スタート | トップページ | インフルエンザ猛威を振るっています…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近思うこと。:

« 2月スタート | トップページ | インフルエンザ猛威を振るっています…。 »