« 日本語は難しい | トップページ | オフ »

2018年1月 6日 (土)

不思議

教室では基本的に子ども達のすることを尊重し、こちらから先にやり方を教えたり、お勧めの方法を強制したりということはしないようにしているのですが、自分なりのやり方でとても苦労していたり、その方法だとミスをしやすかったりするような場合などには、必要に応じてこんなやり方もあるよとか、こうした方が間違いにくいと思うよとか、アドバイスをしたりもします。

そして、今日のあるレッスンでも、そんな場面がありました。
分数を真分数、仮分数、帯分数に分けるという問題だったのですが、①から⑳までの番号をそれぞれの括弧に書いていくというものでした。

必ずどこかに分類されるわけですから、①から順に書いていくのが漏れなく、1つ1つチェックするなどの手間もなく、やりやすいように思うのですが、何も言わなければ、子どもによっては先に真分数ばかりを探して書くというような書き方をする子もいますし、稀にランダムに目についたものから書いていくような子もいます。
先に真分数ばかり…というような方法を取る子には、書いたものにチェックをしていないような場合はチェックするように声をかけたり、必ずどこかに入るのだから①から順に書いていく方法もあるよと伝えます。
完全にランダムに書く子には、順に書く方法を進めますが、こだわりが強い子などには無理強いはしません。

しかし、今日の子は、普段から真面目にきっちり取り組む子なのに、全くバラバラにあっちを見てこっちを見て、かといって、真分数などを先に探すと決めているわけでもなく、真分数に1つ書いたかと思えば、帯分数に1つ、その番号も全くてんでバラバラに書いていくので、一体どういう風にしているのか全く見当がつきませんでした。

そこで、「①から順に書いていく方が書き忘れしないし、簡単だと思うよ?」と声をかけたものの、なぜか全く耳に入っていない様子で、その後も全くランダムに書き続けていました。
時間もかかっていましたし、本来なら全くお勧めできない方法なのですが、その時のその子は何かこだわっているのだろうと思い、黙って見ていました。

レッスンが終わった後で、あれはどういう順で書いていたの?と尋ねたものの、何も答えてくれず、結局謎のままになりました。
普段は私がやり方を強制したりすることはありませんし、本当に必要なときしか手助けもしませんので、何か言えば結構素直に聞いてくれる子なだけに、なんとも不思議な気分になりました。

|

« 日本語は難しい | トップページ | オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/66253646

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議:

« 日本語は難しい | トップページ | オフ »