« オフ | トップページ | がんばっているのはよくわかる。 »

2018年1月29日 (月)

雑感

今日はレッスンはお休みだったので、色々所用を片付けていたのですが、そんな中たまたま遭遇した外国人の方を通して感じたことが。

銀行の窓口でややたどたどしい日本語で行員さんとやりとりをする白人の青年。私が自分の順番を待っている間に、がんばって話している日本語が聞こえてくるのが微笑ましかったのですが、行員さんは多少ゆっくりしゃべりながらも、普段応対するときと同じように「~でございます」とか「よろしければ~」とか、様々な敬語を使って話しておられるのが聞こえてきました。

それでも会話は成立していたので全く問題なかったのですが、そのやり取りを聞きながら、日本語って外国の方にとって本当に難しいものなんだろうなと思いました。(もちろん私が知らないだけで、日本語より難しい言語もあるのだろうと思いますが。「もし差し支えなければわたくしがさせて頂きますが…」みたいなことを言われたとして、「よければ代わりに私がします」と同じことを言っていると理解しなくてはいけないわけですし、日本人でさえ難しく感じる敬語表現は、多くの外国語圏の方には相当難しいものなのではなかろうかなんてことを思ったりしました。

もちろん外国人の方でもとても流ちょうな日本語を話される方もいますから、そういう場合はきちんと敬語を使うべきだと思いますが、日本語がたどたどしい相手に対しても「礼儀正しい言葉遣い」を優先すべきなのかどうかは少し疑問の残るところだなと、そんなことを思いました。

今日はほかにもある専門店で外国人の店員さんに接客されて、その方には何の不満もなかったものの、お店に対してちょっとモヤモヤするような出来事もありましたが、日本で外国の方に遭遇する機会は明らかに増えているように感じますね、最近。

|

« オフ | トップページ | がんばっているのはよくわかる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« オフ | トップページ | がんばっているのはよくわかる。 »