« ひとごとでは済まないこと | トップページ | ちょっとした心配事 »

2017年12月19日 (火)

心細さ

今日のレッスンでのこと。
礼儀正しく、話はきちんと聞くことができ、最近は随分しっかり考えられるようにもなってきた低学年さんとのレッスンがありました。
小さい子達は問題が難しそうだったりするだけで泣いてしまうような時期を経るという子がいるのですが、この子もその傾向があり、ちょっとわからないと途端に不安そうになり、しばしば大泣きしてしまうこともあるというのが現状です。
しかし、今日はレッスンが始まってまださほど時間も経っておらず、更には書かれていることを読んだ後、決して難しいとは思えない問題を前になかなか手が動かず、何か勘違いしているのかもなと思って声掛けをしても、やはり反応が鈍く、次の瞬間突然大泣きし始めました。

普段は、ああ難しいと感じていそうだな、泣いてしまうかも…という段階が見て取れるのですが、今日は問題自体はその子にとっては全くというほど難しくなかったはずですし、段階を経ることなく突然という印象で泣き始めたので、正直驚いてしまいました。

少し泣いたら収まって、そこからまた問題に取り組み初め、その後はほぼ問題なく解いていってくれたので、一体何だったのだろうなと思っていたところ、レッスンの終わりに、ああ、もしかしたらそれが原因だったのかなと思うことを話してくれました。

今日はおうちにお母さんがおらず、兄弟やお父さんは後から帰っては来るものの、レッスンが済んだら自分一人で家に帰って、鍵を開けて家に入るのだということを話してくれました。
外は暗くなっていて、自転車で帰ると聞いていたので、少しでも早く帰った方がいいのではと思って声をかけたのですが、本を選んだりしてすぐに帰ろうとせずにいるのを見て、もしかしたらゆっくり帰れば上の兄弟が帰ってくるからなのかもという気がしました。
普段はお母さんが迎えに来てくれるか、そうでなくてもおうちで待っていてくれるのが当たり前の子にとって、お母さんがいない上、誰もいないおうちで、短い時間であってもお留守番をしなくてはならないということは、もしかしたらとても不安だったのかもしれないなと。

小さい子達は疲れや眠さなどによっても頭の働きに大きく影響することがありますが、不安や悩みがあっても、大きな影響を及ぼすことがあるのかもしれないなと、そんなことを考えさせられました。

|

« ひとごとでは済まないこと | トップページ | ちょっとした心配事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心細さ:

« ひとごとでは済まないこと | トップページ | ちょっとした心配事 »