« 心細さ | トップページ | 考えることの大切さ »

2017年12月20日 (水)

ちょっとした心配事

小さい頃から通ってくれていて、今は6年生になった子。
真面目で大人しいタイプなのですが、案外忘れ物が多かったり、宿題のし忘れがあったりということがある子でもありました。
ただ、高学年になってからは持ってくるのを忘れることはあっても、宿題として出したものは概ねきちんとしてきてくれるようになっていたのですが、ここのところやり忘れなのか疑問を感じるぐらいに、1冊はまるまるやっていないとか、1冊のうち付箋がついているページの1ページしかやっていないとか、きちんと宿題をし終えていないことが続くようになりました。
元々学校よりは先のことをしていますし、宿題を怒ってさせるというのも本意ではないので様子を見ていたのですが、いっこうにその状態が元に戻らず、「何か忙しいの?」と尋ねたものの言葉を濁していました。
その子の帰り際、コートのポケットから何かが落ち、見ると最近買ってもらったというスマートフォン。
そこでちょっと気になったことが…。

大人でさえも、ひどければ運転中にスマホをいじってしまったりするぐらい、人を惹きつける様々なアプリが簡単に手に入るスマートフォン。スマートフォンに限らず、ゲーム機などもそうですが、自分のものになってしまった後で時間を守りなさいとか言われても、なかなか難しいだろうなと個人的には思っています。(私は自分のはまると徹底的にやってしまう性格をわかっているので、子どもの頃から今に至るまで、いわゆるゲーム機というものは小さいものも大きいものも何も買ったことがありませんが、スマホを持つようになってからは恐れていた事態に陥り、読書の時間や事務仕事、家事などの時間がかなり蝕まれていますので…。)

その時すぐに尋ねればよかったのですが、後で思いついたため、本人に確認はできませんでしたが、宿題などをしなくてはと思ってもついついスマホを…ということは起こり得るだろうと思います。
特に、おうちの方がお仕事をされていたり、帰宅されてからも色々お忙しくて、子どもの自主性に任せてしまわれたりというような場合は、本人に相当強い意志がなければ(もしくは、時々いる、ゲームやメールなどの類に興味がないタイプでなければ)スマホの誘惑は結構強力なのではないかと思います。

ゲーム機やスマホとの付き合い方はなかなか悩ましいところなのだろうと思いますが、家にいるときは親御さんが預かるとか何らかのルールを設けた方がいいのかもしれないなと思います。(そうしておられるご家庭も多いと思いますが。)
宿題が終わったらゲーム機などを使ってもいいというようなルールにすると、宿題を適当に終わらせるというような子も過去にいましたので、それはあまりお勧めできないようにも思います。もし「終わったら」というルールにする場合は、終わった宿題をざっとでも目を通して、きちんとやっているかどうかをチェックするなどされる必要があるかもしれません。

個人的には小中学生の間は外出時など連絡のために必要なときに持たせる以外は携帯やスマホを持たせないようにする方が、長い目で見て子どもにとってもプラスなのではないかとも思います。
もちろん、それぞれのご家庭の方針がおありだと思いますので、一概には言えませんが。

その子には次回が今年最後のレッスンになるので、宿題をきちんとやってきてねとお願いしたので、もしそれでもきちんとやってきていなければ、一度スマホのことを尋ねてみようと思います。

|

« 心細さ | トップページ | 考えることの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした心配事:

« 心細さ | トップページ | 考えることの大切さ »