« オフ | トップページ | 興味がないと残らない »

2017年11月 7日 (火)

新たな喜び

教材作りは不精な性格と機械オンチのせいでなかなか思うようには進んでいませんが、自分で教材を作るようになってから、また新たな喜びを感じられるようになりました。

これまでずっと自分が一目惚れした教材をメインにレッスンをしてきました。(今も大半の子は区切りのいいところまでその教材の継続ですが。)ですが、前年度をもってその教材の一般の塾などへの販売が終了となり、3年半ほど前から少しずつ作っていた教材を使ってもらう子が何人か出てきました。

長年使ってきたお気に入りの教材ではありましたが、単元によっては使いづらかったり、そこまでのボリュームはいらないのではと思うところや難しすぎるのではと思うところ、また、これはさすがにボリュームがなさ過ぎて子ども自身が気づいて学び取るのは無理だろうと思うところなど、こまごまともっとこうだったらなと感じるところもありました。

その思いも含め、また学年配当などもある程度気にしつつ、一方では中学校の数学のことも意識しつつの教材作りで、これなら子ども自身が気づいてくれるかな?説明し過ぎず、しなさ過ぎずはこのぐらいでいけるかな?と色々考えながら作り進んでいます。

そして、これまでの教材の気になっていたところを自分なりに改良して作ったものを、初めて学ぶ子がすんなりとクリアしてくれる姿を見られると、これまでにはなかった、自分が作ったものが評価された気分とでもいうのでしょうか、子どもはそれを私が作ったとは知らないだろうと思うのですが、工夫がうまくいったかなという喜びを感じられるようになりました。

まだ小学校全範囲は完成していませんが、これまで使ってきた教材がカバーしていた範囲はほぼ出来、今は新たな単元を作りつつ、完成したものは使ってもらいながら手直しをしています。
小学校6年分が完成するまで、遅々とした歩みながらがんばって行こうと思います。

|

« オフ | トップページ | 興味がないと残らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな喜び:

« オフ | トップページ | 興味がないと残らない »