« 台風一過 | トップページ | 感じること、考えることの大切さ »

2017年10月24日 (火)

自分で気づく

教室を始めてから長年使ってきた教材が手に入らなくなり、一部の子達には自作の教材を使ってのレッスンを始めています。
自分で作って自分でチェックすると、やはりちょこちょこ見落としがあって、誤字や脱字などが見つかり、子どもに謝ることもあるのですが、目の前で自分の教材を前にじっくり考えている姿を見るのは、とても嬉しいものだなとも思います。

春に来てくれた頃は、習ったことを覚えて素早く処理するということがかなり体に染みついてしまっていた子が、夏頃から変わり始めたように感じましたが、その子に分数の教材に取り組んでもらったところ、これまでの教材より更に文字による説明を減らしても、自分で気づいて理解して進んでいってくれる姿を喜ばしく思いました。

テクニックではなく、どう考えたらいいのかに気づいてもらえるような教材を作りたいと思って数年取り組んできましたが、少し実現できたかなと思ったりします。
世の中の流れがますます、学習者自身が考え、学び取ることを重視するようになっていくようですから、この教材が子ども達の役に立ったらいいなと思いながら、更に先に進んでいきたいと思います。

|

« 台風一過 | トップページ | 感じること、考えることの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分で気づく:

« 台風一過 | トップページ | 感じること、考えることの大切さ »