« オフ | トップページ | 謎の現象再び »

2017年10月 9日 (月)

ちょっと興味深い記事。

子育てや教育にはひとつだけ、これが正解だというものがないだけに、多くの親御さんや大人たちが悩んだり迷ったりするのだろうと思いますが、タイトルだけ見たときには、バッサリ断言できるものかしら?と思ったものの、内容はなかなか興味深く、共感できるところも多かったので、少し長い記事ですがご紹介します。

この先生がおっしゃっているのは、早期教育をすれば、どの子もしなかった子に比べて効果があがるというものではないという意味のことなのだと思いますので、それはその通りだと思います。
また、子ども自身が全く興味を持たないことを早くから始めても、全く無意味になるということもあるだろうと思います。
その一方で、興味があることを早く始めるか遅く始めるかであれば、早く始めた方が効果が大きいのではないかしらという気はします。(もちろんそれも必ずとは言えないと思いますし、させる内容やさせ方などにもよると思いますが。)

身長がほぼ遺伝的要因で決まるというのは何となく頷けるように、ほかにも、へぇ~そうかと思うことや、その通りだと思うことが色々書かれています。
よろしければご一読ください。

「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは

|

« オフ | トップページ | 謎の現象再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと興味深い記事。:

« オフ | トップページ | 謎の現象再び »