« 本物の自信 | トップページ | 8分の1円 »

2017年10月 5日 (木)

雑感

今日は先日から返り咲いた(?)中3の子とのレッスンがありました。
中間試験前ということで、学校の問題集を持ってきてもらったのですが、その問題を見ながらふと感じたことがありました。

問題集や、時には試験の問題などでも、まず方程式を作らせ、次に答えを書かせるというようなパターンで、立式にも点数をあげるものがあります。
例えば数学があまり得意ではないような子にとっては、そうやって式ができるだけでも点がもらえるというのはありがたいのかもしれませんが、今日見ていた問題では(二次方程式の利用のあたりですが。)、指示通りに方程式を作るより、図を描いて考えるほうが簡単なのでは?と思うものや、わざわざ別の式を考えなくても、先の問題で作った方程式を使ったら解けるのでは?と思うものなどがあって、こういう問題の出され方は、数学が得意な子、好きな子にとっては面倒だな、面白くないなと感じる原因になるのではないかなと思いました。

また、例えば、立式の際、どう見るかで式が何通りにも作れるようなものであっても、解答解説には1通りの式しか書かれていないようなものもあり、これを子ども自身が見てマル付けをするとなると、数学があまり得意ではない子であればあるほど、自分で考えた式でも答えが出るにも関わらず、バツをつけて、間違えたと思うということも起こりそうだなとも思いました。

特に、xを使って面積を表すような問題は、与えられた図をどう見るかによって、簡単に解けるか、手間がかかるかの違いがかなり大きくなることがありますが、そういう問題は、小さい頃から積み木や色板、折り紙などで形に親しみ、図形の感覚を磨くことが後々大きな力になるのではないかなということも感じます。具体物に触れ、実体験を重ねることの方が、小さいうちから算数の問題をたくさん練習させるより、恐らく確実な力になるだろうと改めて感じました。

|

« 本物の自信 | トップページ | 8分の1円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« 本物の自信 | トップページ | 8分の1円 »