« オフでした。 | トップページ | 少~し変わってきたかな。 »

2017年8月21日 (月)

パズル

最大の原因は運動不足なんだろうなと思いつつ、最近、明らかに脳の働きが鈍っているなと感じることが増えました。
だったら運動すればいいのでしょうけど、元々無精な上にこの暑さで、なかなか…。
で、脳トレ代わりにペンシルパズルの類をちょこちょこしたりするのですが、ペンシルパズルの多くは、確かに頭の使い方のトレーニングになるよなと改めて感じます。

最近はサムクロスとかカックロとか呼ばれる、足し算パズルをしているのですが、簡単なものは昔かなり大量にしたので、かなりレベルの高いものばかりがまとめられたものを買いました。
それを解いていると、初めからぱっと数が決まるところはごく僅かで、少し考えたら決まるところを埋めてしまった後は、上下左右に目をやりつつ、条件を絞り込み、色々な方向から詰めることでようやくどこか1マスの数字が決まる。そこが決まるとぱたぱたと数マスが決まる。そのいくつかぱたぱたと決まったマスのうちどこかがヒントになって、更に別のマスが決まる…という感じに進んでいきます。

狭い範囲だけを見ていたら、恐らく永遠にできないだろうと思いますし、とりあえず当てずっぽうで順番に当てはめてみるという方法だと、仮にできたとしても途方もない時間が必要になるだろうと思います。
地道にわかるところからコツコツと詰める。決められないにしても条件を絞り込めるところは絞り込む。考えられる組合せを書き出す。そういう理詰めの作業を繰り返すことで、どこか糸口が見えて、ひとつ先に進むと、また次が考えられるようになる。

これは正に算数・数学の骨のある問題などを考える際に必要になってくる頭の使い方、作業の仕方なのではないかと思います。
ですので、小さい頃から遊びの延長でペンシルパズルに取り組むというのは、算数や数学の力をつけるためにも役に立つということは確かなのだろうと思います。

|

« オフでした。 | トップページ | 少~し変わってきたかな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パズル:

« オフでした。 | トップページ | 少~し変わってきたかな。 »