« オフでした。 | トップページ | 嬉しい訪問者 »

2017年4月 3日 (月)

中途半端は気持ち悪い

今日はスポットの高1くんとのレッスンで出勤していました。
高校数学は何度かやっているところはある程度パッと解けるようになってきましたが、物覚えも悪くなり、物忘れもひどくなったこの頃は、覚えることが多い単元などは相変わらず毎回事前の予習で確認が必要だったりします。
そんな中、時々、覚えようとしたわけではないものの公式は覚えていて、でも、どうしてその公式で解けるのだったかを忘れてしまっているような場合があります。

問題を解くだけであれば、公式を覚えているのですから、その記憶に自信があれば答えを出すことはできますし、正解である可能性も高いはずです。
でも、それで答えだけが出ても、私は問題を理解していないわけですから、全く何も意味がないですし、楽しくもなければ気持ちよくもないわけです。

ほかにもしなくてはいけないことが色々あると、とりあえずまあいいことにしようかなという気持ちもよぎったりするのですが、その曖昧な理解の部分を子どもが分からなかった場合、やり方を教えることはできても、どうしてそれで解けるのかを説明することはできないので、時間がかかってもまた考え直すことになります。

でも、日頃からきちんと考えて意味を理解し、納得して進んでいくようにしていると、それをしないとなんともモヤモヤ気持ち悪さが残るようになってから、小さい頃から通ってくれた子達の中に、大きくなってもちゃんと理解できないと気持ち悪いと感じ、一般的な塾などでの指導を嫌い、自分で考えて理解しようと努める子がいるわけが分かった気がします。

考えることが当たり前になると、考えてわかると嬉しかったり気持ちよかったりするので、また次も頑張ろうと思えますし、意味がわからないけどただ解けるということに何の喜びも感じられない、もしくは考えて解けたときの快感とは比べ物にならない、その違いを経験しているからこそ、うわべだけ取り繕うようなことはしないのだろうと思います。
考えられることがえらいのではなく、考えてわかると気持ちがいいので、考えたいというのが正しいのかもしれません。

まだ小学生や中学生の段階でその気持ち悪さがわからないとしたら、それは既に「考えない勉強」をしてきているということかもしれません。
もしそう感じるお子さんがおられたら、是非早いうちにじっくり考える学びを経験させてあげてほしいと思います。

|

« オフでした。 | トップページ | 嬉しい訪問者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/65108238

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端は気持ち悪い:

« オフでした。 | トップページ | 嬉しい訪問者 »