« せめて1、2年の間だけでも…。 | トップページ | すごい変化 »

2017年4月19日 (水)

不思議な現象

今日のあるレッスンでのこと。
まだ小さいので、その日のコンディションによって、とてもよくできる日もあれば、別人のようにダメダメな日もあるというタイプの子とのレッスンで、先日来かなり桁の多い引き算の筆算、0が並ぶ引き算の筆算などをしていました。
前回は途中までバッチリだったのが途中からダメダメになってしまったのですが、今日は前回以上に桁も多く、計算も難しくなるので、少し心配していました。
しかし、今回は登場の時からニコニコしていて、コンディション的には問題なさそうな様子。実際問題をしてもらっても、楽しそうにどんどん解いていき、これだけでいいよと言った以上にやりたいと言ったりもしました。

しかし、ある問題で、そこに引っかかる子は結構多いというところに引っかかり、その途端パタッと表情が変わりました。
時間的にも疲れて眠くなってきたのかなと思いつつ、何度か助け舟を出したのですが全くダメ。そこで、試しに違うプリントにしてみたところ、それも内容的にはそこそこ難しいはずなのですが、表情が戻ってスイスイ解き始めました。

ということは、眠かったわけではなく、何かおかしなスイッチが押されたのかなと、様子を見ながら先ほどの問題に戻ってみました。しかし、なぜかその問題だけはダメ・・・。

その子がそのときしていたのは   

    50000
   - 2579    

のような問題のように、0が並ぶ数からの引き算や、途中に0が入るような数からの引き算の筆算でした。
0が並ぶものはスイスイ快調に、楽しそうに解いていたのですが、おかしくなったのは一の位は繰り下がりなく引けて、十の位が引けないのでそこで十万の位から順に繰り下がってくるというようなものでした。

実際、0が並ぶ問題を何問もしていると、一の位はそのまま引けるのに、なぜか十の位の0が最初から9になってしまうという子は結構いるのですが、その子はそこで完全にストップしてしまいました。
そこで、一の位の部分だけを見せてひき算をしてもらった後、一の位の数を隠して、残りをひき算してもらおうとしたのですが、さっきまであれほどスイスイできていたのにできなくなりました。

そこで、同じ数を紙に書き写してやってもらおうとしたのですが(一の位をのけた部分だけを書いたので、それまでその子が簡単だと言ってやっていた問題と同じ形になっていました。)やはりダメ。
困ったなと思いながら、さっきスイスイ解いていたプリントの同じ形式の問題を「じゃあこれやってみて」というと、ちょっとだけ間が合った後、スイスイ解き始め、一発正解。

ああ、これで戻ったか?と思って、先ほど手書きした問題を見せるとまたストップ。
前のプリントに戻るとスイスイ。
手書きだからダメなのか?と思い、最初におかしくなった問題の一の位を見え亡くした状態で再度やってみてもらおうとしたものの、またダメダメな顔に…。

そんなことを何度か繰り返した末、最終的にはできたのですが、見た目が全く同じ(数は違うもののぴったりの何万という数からひき算をする問題でしたので。)で、できる問題とおかしくなる問題があるというなかなか不思議な現象でした。

その子にとって何がどう違っていたのか突き止められませんでしたが、子ども達の反応は本当に興味深いものがありますね。

|

« せめて1、2年の間だけでも…。 | トップページ | すごい変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/65175161

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な現象:

« せめて1、2年の間だけでも…。 | トップページ | すごい変化 »