« 個人差はあるかもしれませんが。 | トップページ | オフでした。 »

2017年4月22日 (土)

高校までに。

うちの教室では主に小学生さんとレッスンをさせてもらっているので、中学生、高校生までを継続して見せてもらうことはごく稀なのですが、自分の頃を思い出しても、また、中学生、高校生とのレッスンでの限られた経験から見ても、算数、数学が好きな子、それなりにセンスがある子で、公立の小中学校に通っている子達は、学年にこだわらず、余裕のあるうちにどんどん先に進めておく方がよいのではないかと感じます。

うちの教室ではじっくり考えて理解するという学びをしてもらっていて、それが当たり前になると、見ていて惚れ惚れしたり、しみじみ感心したりするようなことがたくさん起こってきます。
最初は時間がかかっていた子が気づけばかなりのスピードで問題を解いていくようになることも珍しくありません。
ですので、そういう子達は、これまでの印象では中学入学までに中1の数学を終わらせるぐらいは無理なくできそうな気がします。それで前倒しできた分、高校数学をじっくり考えて解く余裕を持てれば、数学を楽しいと感じたまま高校でも過ごせるのではないかなと。

もちろん、数学の能力が高い子であれば、進学校などでかなりの進度で授業が進んでも、それを十分にこなし、数学は好きなままということもあるのだろうと思いますが、公立中学の数学と比べて、高校数学は量も増え、内容の難しさも一気に増すような印象があります。学校の進度に合わせて進めていくには、じっくり考えたくてもその時間が取れないということが起こってくる場合が少なからずあるのではないかと感じるのです。

そうなると、きちんと納得できていなくてもとりあえずやり方を覚えて、公式を覚えて…とモヤモヤ感を抱きながら、とりあえずこなすしかなくなってくるか、数学を諦めるかということになってしまうかもしれません。

進学校に進むような子であれば、公立中学の数学は、考えても意味がよくわからないような問題は限られているのではないかと思いますし、先取りする余裕はあるのではないかと。(少なくとも、高校に入ってからの時間のなさに比べれば。)

私自身、最近高校数学を解くときに、まずは解答や解説は見ずに問題を解いてみて、必要であれば後から確認するようにしているのですが、閃かないときや自分の解き方ではかなり手間がかかるようなときに解答や解説を見ると、書かれていることの意味がよくわからないということが時々あります。
そこに書かれていることを覚えて、こうやって解けば解けるよと教えることはできるかもしれませんが、それだと自分もモヤモヤしますし、子どもが理解したいと思ったときに説明ができないかもしれませんから、面倒でも全部書き出してみたり、とにかく「ああ、こういうことかな」と納得できるまで、その問題に取り組みます。
それをすると当然時間もかかりますから、そのたび、こんなこと高校時代にあの授業の進度で、ほかの教科も全部進度が速い中、とてもじゃないけどやれなかっただろうなと思うのです。

ここでいう「先取り」は、やり方を覚えて解くという意味ではなく、じっくり考えて理解して進めていった上で、余裕があればどんどん先に進めていくのがいいのではないかという意味ですが、小中学生のお子さんがおられる方はちょっと意識しておいて頂けたらなと思います。


|

« 個人差はあるかもしれませんが。 | トップページ | オフでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校までに。:

« 個人差はあるかもしれませんが。 | トップページ | オフでした。 »