« 何ができるだろう | トップページ | 高校生の子を見ていて。 »

2017年3月 8日 (水)

花粉症の季節

幸い今のところ私は花粉症を発症していませんが、最近はまだ小さい子でも花粉症の子が少なくありませんね。
昔は今のように街中にたくさん杉がなかったとか、杉などの花粉だけでなく、排気ガスなど空気の汚れも相まって、都市部で花粉症が多いとか、色々な話を聞きますが、原因の一つに、世の中が何もかも綺麗になり過ぎたことがあるとも言われていますよね。

もちろん一概には言えませんし、大事な子ども達のことを守りたい気持ちも当然のことだと思いますが、CMなどでやたらと除菌、殺菌などという言葉が使われ、昔は極めて当たり前だったカレーを温め直して2日目、3日目が美味しいなんて話さえも、カレーの温め直しは何か熱に強い菌が一晩でもかなり増えるので、容器に移して冷蔵庫に…なんてことが言われたりもしていますよね。
カレーのことでも、そういう情報を見聞きしてしまったら、やはり気になる方も多いのではと。そうして、これまで特に体に影響を与えていなかったような菌にまで神経質になり、どんどんどんどん体に雑菌などが入る機会が減って、ちょっとした異物に対してもアレルギー反応が出てしまうなんてこともないとは言えないよなぁと思う今日この頃です。

まあ、それは本題ではないのですが、花粉症の季節になると、何度も何度も鼻をかむ子や眼を痒そうにこすっている子が増えてきて、その子達はやはりなかなか集中することも難しくなります。
色々なお薬や治療法も研究、開発されているようですから、子ども達が大きくなる頃には花粉症で苦しむことはなくなっているかもしれませんが、それでも、何か大事な試験などのときに集中できないなどということになると気の毒ですから、小さいうちにもし何か菌に対する抵抗力をつけるような方法があるのであれば、試してみられるのもいいのかもしれないなと(もちろん、安全性などの不安があることは試すべきではないと思いますが。)、そんなことを思ったりしています。

いずれにせよ、花粉症の方がみんな、早く悩まずに済むようになればいいですね。

|

« 何ができるだろう | トップページ | 高校生の子を見ていて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の季節:

« 何ができるだろう | トップページ | 高校生の子を見ていて。 »