« 慌てずゆっくり | トップページ | 今日とても気になった記事のご紹介 »

2017年3月15日 (水)

宿題、どうしようかな。

今日のレッスンに来た1年生さんのお母さまからも、なかなか宿題をしたがらなくてというお話を伺いました。
こう続けてそういうお話を聞くということは、目に見えない存在が何かを知らせようとしているのかもと(といっても、私は何の信仰もなく、お寺にも神社にも行くし、クリスマスも祝う、よくいるタイプですが…。)思えてきました。
それも、これまで十数年使い続けてきた教材を新しいものに切り替えようとしているタイミングなので、本当にそうなのかもしれないなと。

宿題の目的は何なんだろうと考えたところ、教室を始めた際にお世話になった先生は、毎日1枚ずつ取り組んで、机に向かう習慣を身に着けさせるためもあるというようなことをおっしゃっていましたが、その先生のところは下はまだ幼稚園にさえ入園していない子達から対象にしておられたので、就学までの数年間、おうちで勉強の習慣を身に着けさせるという意味があったのかもしれません。

ですが、うちは主に小学生以上のお子さんしかいませんし、勉強の習慣をということなら、学校でも宿題が出ている子がほとんどではないかと思いますので、その上にうちの教室の宿題を「学習習慣をつけるため」という理由で必要なのかといえば何とも言えない気もします。
更に言えば、宿題に抵抗を示す子ほど、1日1枚コツコツとというのが難しいわけですから、結局まとめて一気にするということになりがちではないかとも思います。
であれば、学習習慣を身に着けさせるという目的での宿題はあってもなくてもいいのかもしれないなと。

また、やらなければ忘れてしまうからとか、習ったことのおさらいでとかいうのも、一般的に宿題を課す理由としては大きいのではと思いますが、これもまた、レッスンがあった日に帰って一気にしてしまう子もいれば、逆にギリギリまでしなくて直前にまとめてする子もいるようですから、そういう意味では「忘れないために」という理由も果たしてどうなんだろうとも思えます。

高学年や中学生にも宿題なしというのは、学校の進度などを考慮しても、それはさすがに不安がありますが、低学年の間は、宿題をさせるためにおうちでお子さんとの間に険悪な空気が生まれたり、おうちの方がへとへとになられたりするぐらいなら、宿題はなし、もしくは極々限られた量にするなどしてもいいのかもと、ちょっとそんな気もしています。

新年度は宿題に関して、低学年のお子さんの保護者の方にはアンケートを取らせて頂くなどするかもしれませんが、その際はご協力頂けましたら幸いです。

|

« 慌てずゆっくり | トップページ | 今日とても気になった記事のご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿題、どうしようかな。:

« 慌てずゆっくり | トップページ | 今日とても気になった記事のご紹介 »