« なんでかなと思うことの大事さ | トップページ | 頭の中 »

2017年3月 1日 (水)

描けばわかる。

今日のレッスンでのひとこまです。
小さい頃から通ってくれていて、今は5年生になる子と、先日来、分数のかけ算や割り算の文章問題などをしています。
その子は小さい頃から来てくれていることもあって、やり方を覚えてとりあえず答えを出すということはせず、スピードはややゆっくりながらも、きちんと理解してしっかり進んできました。
ですから、問題を考えている様子を見ていても安心感があるのですが、そんな子でも家で宿題をするとなると、やはり集中しづらいんだなぁと感じたことがありました。

分数のわり算は大人でも何をしているのか今ひとつイメージしづらいところもあり、とりあえず分数のわり算はひっくり返して掛ければいいのよねという感じで覚えている方もおられるのではないかと思います。
ある程度大きくなれば、そういう間違いをすることはほぼなくなりますが、この「ひっくり返して掛ける」というのが、なぜそうするのかを理解できていないと、割られる数(式の前側の数)までひっくり返してしまう子や、割られる数だけをひっくり返してしまう子、分数のかけ算を習った後にするので、ひっくり返すのを忘れてかけ算したのと同じ答えを書いてしまう子というのが、少なからず出てきます。

もちろん、そうじゃないよ、元々の大きさが勝手に変わったらおかしいよね?というようなことを言ったり、何度か練習しているうちに身についてくるわけですが、それでも、分数のわり算に関しては自分が何をしているのかイメージしづらいのは事実だろうと思います。

今回その子は、宿題としてしてきた問題の中に、教室でしたときにはそんな間違いはしていなかったのに…というぐらい、ひっくり返すのを忘れたり、割られる数がひっくり返ったりと、色々ミスを多発していました。
もちろん、そうではないよと言って計算し直させるのは簡単なわけですが、分数のわり算を使う問題の多くは、問題を図に表すことができる子にとっては、図を見れば分数で掛けたり割ったりしなくても、普通に整数で掛けたり割ったりするだけで答えを出すことができるのです。

そこで、その子にも「問題はどういうこと言ってるのか、絵(この場合は線分図のようなもの)描いてくれる?」と言うと、間違えている問題全て、きちんと図に表すことができ、求めたいものがその図のどの部分なのかも見て理解でき、後は何の助けも必要なく、間違いを直すことができました。

この先、学校で分数のわり算を習ったとしても、わからないときは図に表せば考えやすくなる、簡単に計算できるということがわかっていれば、それは大きな力になるに違いありません。
やり方を覚えさせることも、時には必要かもしれませんが、どう考えれば答えが出せるかを理解することの方がより大事なのではないかなと思います。

|

« なんでかなと思うことの大事さ | トップページ | 頭の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 描けばわかる。:

« なんでかなと思うことの大事さ | トップページ | 頭の中 »