« 春休み | トップページ | 寂しいけど嬉しい »

2017年3月22日 (水)

「本当にわかっている」ってこういうことなんだな

中1の子のレッスンでのこと。

その子は小学生の頃から来てくれていて、算数はかなりよくできていたのですが、本人曰く勉強は全部キライだそうで、解けても嬉しそうにするところはほとんど見たことがありません。
それは中学生になっても変わらず、時にはなんでそこまでぶーたれた顔になるんだ?とこっちまでなんだか腹が立ってくるほど、全身から嫌々オーラを放ちながら問題に取り組んでいることもあります。
で、そんなに嫌そうなのにも関わらず、結構難しい問題でも考えて解くことはできるので、これもまた、好きじゃなかったら考える気にならない、できないという一般的な傾向とはかなり異なっています。

嫌々取り組んでいる割には理解は早い方なので、無理させたわけではなく、既に中2の内容の半分ほどは終わっていて、もっと嫌がるかと思った三角形の合同の証明なども、最初から全部を書くタイプの証明問題でさえ、結構しっかり解いてしまってびっくりさせられたりもしました。

今回は一次関数だったのですが、考えてわかることを先にこちらが説明したりすることは避けたいので、どの子にも言葉の説明など以外は、先に問題に取り組んでもらうようにしています。
そんな中で変域を求める問題が出てきました。変域自体は比例などを習ったときに言葉は習っていますから、とりあえず考えてもらうことにしたところ、不等号の向きなど、一旦書いて見直して、もう一度考えて向きを直すなど、何も言わなくても正解していきました。
そして、直線の式を求める問題でも、紙に図を描いたり、与えられた2点をラフに書いた座標軸に対して書き込んで、私はひと言も何も言わなくても、次々と解いていきました。

解き終えた後、必要があればもっと簡単に考えられる方法を提示したり、学校などではこういう解き方を教わると思うよということを付け加えたりはしますが、きちんと考えて理解しながら進んできた子達は、何も言わなくてもこうやって解いてしまうんだなぁと、改めて感じました。

もちろんそれも個人差があり、この子はよくできる子ということもありますが、それでも、自分が何をしているのか理解しながら積み上がていくことがどの子にとっても大きな力になるということは間違いないと思います。

|

« 春休み | トップページ | 寂しいけど嬉しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本当にわかっている」ってこういうことなんだな:

« 春休み | トップページ | 寂しいけど嬉しい »