« 気をつけよう。 | トップページ | 覚えようとする前に考える »

2017年2月 7日 (火)

考えてるんだなぁ

普段レッスンをしていても、本当によく考えているな、よくわかっているなと感じる1年生さん。その子と今日は筆算の学習です。前回簡単な筆算をしたので2回目だったのですが、まだたし算で、桁が3桁からだんだんと増え、最後は8桁同士までの筆算をすることになりました。

この子は10000までの数のたし算、引き算は暗算でしっかりできるようになっているので、たし算の筆算も好きなようにやってみてもらうと、上の位から順に足して答えを書いていきます。たし算についてはそのやり方でもほとんど困ることがないので、無理に直させることはせず、筆算は普通は下の位からするということを伝え、繰り上がりは小さく書いておくのだということを1、2問一緒にやってみて、後は本人のやりやすいように任せました。

暗算で問題なくできる子はたし算の筆算も上の位からするほうが繰り上がりなどを書く必要がないので楽ということもあり、この子はずっと上の位から計算していたのですが、桁が増えるたび、「うわ、これ万いってるやん。」「え?これもっと増えた、読まれへん。10万?」というような感じで必ずその数がいくつなのかを聞いてきました。

そして、やっていることは桁が増えても全く同じはずなのに、なぜか6桁や7桁になると途端に「うわ、難しい。」「え?なんかわからんようなってきた、めっちゃ難しい。」というように、ブツブツつぶやき始めました。
よく聞いていると、どうやらこの子は単に位の数を足すという考え方をするのではなく、それぞれきちんと60万と80万だから140万になって…というように、なんというのでしょう、量として思い描いて考えようとしているようです。
だから、桁が増えると「難しい」ということのようでした。

ああ、この子は本当にきちんと考えているんだなぁと、しみじみ感心してしまいました。せっかくきちんと考えているのですから、今の段階でテクニックだけを教える必要もなく、1問1問、「うわ、めっちゃ大きい!」「あとちょっとで1億行くんちゃうん?」などと言いながら考えている姿を感心しながら見ていました。

教室では、暗算である程度以上考えられるようになってからしか筆算はしないようにしていますが、こんなにもしっかり意味を考えて筆算をした子は過去にもあまり記憶になく、心からすごいなぁと思いました。

|

« 気をつけよう。 | トップページ | 覚えようとする前に考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考えてるんだなぁ:

« 気をつけよう。 | トップページ | 覚えようとする前に考える »