« オフでした。 | トップページ | おめでとう。ありがとう。 »

2017年2月13日 (月)

試行錯誤する力

今日は1件体験レッスンがありました。
2年生で、小学校受験をして私立小に通っているという女の子。受験のために、有名な小学校受験塾にも通っていたそうです。
学校も、しっかりお勉強をする学校という印象なので、進度も速いんだろうなと思いつつ、まずはどんな感じで問題に取り組むのかを見せてもらうため、既に習ったはずのことをピックアップしてやってみてもらうことにしました。

すると、ほとんどのことはきちんとわかっているようで、文章題なども式は正しく作れているのですが、どうやら繰り下がりの引き算がやや苦手なのかなという印象を受けました。
そして、きちんとできているものも、やり方を習って、それを覚えて、どうすればできるんだったかを思い出しながら解いている感じがしました。

もちろん、そういう子は珍しくはないのですが(うちの教室では滅多にいませんが。)、その状態がひどくなると、例えば、筆算で答えは出せるけど、桁が違うようなとんでもない答えになっても、それがおかしいかどうか全く見当がつかないというような状態になることがあります。

かつて、まだ小さいのにそろばんでかなりの計算までできるようになっているというお子さんが体験に来てくれたことがありました。その子はそろばんでは結構大きな数のかけ算などもできるということだったので、かけ算の筆算をやってみてもらったところ、位をずらして書かなくてはならないことを忘れて、筆算の一の位が揃うように計算の答えを書き、そのまま足して、全く違う答えを出しました。
それ何かおかしくない?といっても、ただ消して計算をし直すだけで、自分が「あり得ない答え」を書いているということには全く気付かないようでした。

塾や教室によっては、ただ先取りするということを重視し、「学びの中身」を軽んじているところも少なくないように思います。小さいうちに、意味もわからずただ答えを出す方法だけ知っているというような勉強をさせることに、果たしてどれだけの意味があるのだろうと思ってしまいます。

さて、少し話が逸れましたが、今日の体験のお子さんは、3ケタ同士のたし算・引き算の筆算の虫食い算を考えてもらったところ、たし算は何とかできたものの、引き算は延々と考えているようではあるものの、いつまで経っても答えに辿り着きません。
少し声をかけてから見ていると、□に小さく9と書いて考え、違っていたので消して、今度は5と書きました。(答えは6。)だったら次で気づくなと思っていたところ、なぜか今度は8に直しました。そして、いつまでも答えには辿り着くことがありませんでした。

最初のうち、ただ白い□を見つめ、手を動かす風もなかったので、「□に入る数は0から9のどれかしかないよね?順番に入れていってもそこまで時間かからずにわかるんじゃない?それに、0、1、2、3は入らないっていうのはわかるよね?」というと、少し考えてから頷いたので、それからまた待っていたのです。
つまり、その時点で□に入るのは4から9のどれかということになっていて、最初に9、次に5、次に8…というのは、どんなふうに考えたらいいのか、教えられていない、気づいていないということなんだろうなと。

もちろん、答えが6なので、最初に9を入れて結構違っていたから5を入れてみた可能性はあると思いますが、それが違ったから次に8に戻るというのは、とりあえず当てずっぽうに入れている可能性が考えられます。
そうしていると、何を入れたか入れてないかもごちゃごちゃになる可能性も高まりますから、決してお勧めできる方法ではありません。

ただ、考えることが好きな子、自分でわかるまで色々試したい子などは、時間が許す限りあれこれ試行錯誤させて、その中で、もっといい方法がないか考えさせる、気づかせるというのは、もちろん素晴らしい学びだとも思いますから、それをさせずに「こういう風に確かめていくと便利よ」と教えてしまうのはなるべく避けたいとも思っています。

その辺りの加減、判断が難しいわけですが、考えることが当たり前ではない子、習ったことを覚えて問題を解くのが勉強だと思っている子などには、最初のうちはこんな風に考えるといいよというような、考える手順のようなものは多少教えてあげる必要があるようにも思います。

勉強に限らず、問題解決のために試行錯誤するというのは、色々な場面で大事な力になりますから、小さいうちにたっぷりとそういう時間を持てるのは、子どもにとってとても有意義なのではないかなと思います。

|

« オフでした。 | トップページ | おめでとう。ありがとう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試行錯誤する力:

« オフでした。 | トップページ | おめでとう。ありがとう。 »